shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供が勉強より大事にすべきこと。

<<   作成日時 : 2018/06/17 00:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こんなツイートを見かけた。

https://twitter.com/marina_mimicry/status/1006864362076639232

いつか消えちゃうかもしれないのであらすじを書いておくと、


優秀な友人の悩みを聴いた。

その友人は
小学校では良い中学校に入るべく勉強し
中学校では良い高校に入るべく勉強し
高校では良い大学に入るべく勉強。

そして就職活動の時期を迎えて、はて、自分は何をしたいのだろうと悩み始める。

ツイート主はその友人が、「今何がしたいか」に焦点を当てた行動をしてこなかった結果だと分析する。
「今興味ある事」「今やってみたい事」そういう物を脇に置いて来るべき受験の為に勉強をしてきた。
そのうちに何をやりたいと思っていたかすら忘れてしまう。

「とりあえず、今食べたいものを食べに行くところから始めようか。」
と言うと、
「自分が食べたいモノすら分からないかも」
と返す。


こういう人、多いんじゃないかな。

私の同級生、親戚などを見てもこういう人いる。

優秀な人ほどこういう所にはまりこんでしまう気がする。

勉強できちゃう。
努力ができちゃう。

だから、親や先生の言うがままに頑張って勉強しちゃう。

勉強が辛い人は、「何のためにやるんだろう」とか「やると何が良い事有るんだろう」なんてことを考える。
結果、自分の今興味ある事、やりたい事の延長から将来就きたい職業を思い浮かべて、それに有利な勉強に絞ってやる。

<うちの家族の場合>

私は後者でしたね。
勉強よりも趣味が楽しい。
小学生の頃からいろんなことに興味を持って、それにつながる職業に就きたいと思っていた。

天文学者やら造船技師やらコンピュータ技師やら。

結果コンピュータ技師を目指して大学の情報工学科へ進み、大手電機メーカーのコンピュータ技師になる事が出来た。


息子はどうか。
勉強も好きではないが、中学3年生なのに「将来何になりたい」と言っても明確な答えが出てこない。
一時期カードゲームにはまったり、今はビデオゲームにはまったりしているが、「そういうのを作るという職業も有るんだよ。」と言っても興味を示さない。


妻は上記のツイート主の友人の様なタイプ。

県内でも有数の高校に進学して、短大を経て大手の企業に就職。
だが、短大の学科選びも英語が苦手だから国文科とか、就職先も給料が良さそうとか、通うのに便利という程度の理由で選んでいる。

何を勉強したいから、どういう仕事をしたいからではない。

なので、息子の教育も自分がされてきたのと同じようなやり方をする。
私の世代が10代の頃に良く言われていた、「良い大学に行って、いい会社に入りなさい。」という感じ。


まぁ、いわゆるいい大学に入るような勉強をできれば、息子の可能性を広げることになり、せいぜい大学を選ぶときに将来を思い描ければ高い確率で夢をかなえられるだろう。

だが、上記のツイートのように大学卒業間近になっても何になりたいかを決められなければなんとなく成れる職業について、なんとなく人生を終わらせることになってしまう。

<私の選択 可愛い子は遊ばせよう>

なので、「勉強しなさい!」は妻に任せ、私は息子の興味を広げる方に力を注ごうとしている。

息子が今ビデオゲームにはまっているのは、実は私がわざとそう仕向けたところも有る。

くっだらないカードゲームにはまっている息子を引きはがして、ビデオゲームに誘う。

ゲームとは言え、カーレースゲームも有れば、飛行機を操縦するゲームもある。
カーレースゲームにはまればクルマに興味を持つかもしれない。
飛行機ゲームにはまれば飛行機に興味を持つかもしれない。

そうなればクルマや飛行機を作る、売る、運転するという職業に興味を持つかもしれない。

あるいは、ゲームの中の音楽や映像に興味を持つかもしれない。

私は自転車が好きなので、自転車関係の小説や漫画を多く蔵書している。
それを息子と共有する。
これは案外はまっている。

ガンダム関係のDVDや漫画も見せる。
将来はロボット技術者になるかもしれない。
あるいは政治家を目指すかもしれない。


あとは息子から何か質問を受けたら、単にその質問だけに答えるのではなく、それに関わる知識も伝える。
そうして、今勉強していることが現実の中で様々に絡み合っていることが分かれば勉強が面白くなるかもしれない。

まぁ、「お父さんに1質問すると、100返ってきて面倒くさい」と思っているかもしれないが。

でも、これが上手く行くかどうかはあと10年くらいしないと分からないですがね。
秀才型の妻との役割分担があるから成り立つやり方かもしれないし、うちの息子に合う合わないも有るでしょう。

ま、一つのやり方でしかないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供が勉強より大事にすべきこと。 shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる