shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想 「99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」

<<   作成日時 : 2017/12/12 00:23   >>

トラックバック 0 / コメント 3

NHK Eテレで日曜日の夜にやっている「サイエンスZERO」と言う科学番組で案内役を務めている竹内薫氏の著書。
科学について深い造詣が有るだけでなく、文筆能力も高い人なのだと感心した。
なかなか読ませる文章で、それほど科学に詳しい人でなくても読めそうで、中学2年生の息子にも薦めてみようかと思わせる内容。

最初の「つかみ」のエピソードである「飛行機が飛ぶ仕組みは実はよくわかっていない」という話から、「コペルニクス的転回」などとよく例えられる天動説から地動説、ニュートン力学から相対性理論と言った常識の変遷について書かれている。

では、今現在常識と思われている事、科学的真実と思われている事は果たして未来永劫常識、真実で有り続けるのか。
これまで常識が何度もひっくり返されてきたように現在の常識も明日にでもひっくり返るかもしれない。
そういう事を説いた書である。

こうした常識の変遷の歴史を見ても常識がそうそうひっくり返る事なんてないと思う人も居るかもしれないが、例えば私の世代では「良い国作ろう鎌倉幕府」と覚えていたのが、今の小学生たちは「良い箱作ろう鎌倉幕府」と教わっている。

昔の偉人の肖像画と言われていたものが現在では別の人物の物だったと言われていたり、かつてはお札の肖像画になっていた聖徳太子に至っては、実在しなかったと言われたり、やっぱりいたかもとなったり、ほんの3,40年の間でもそれくらいの変化は有る。

徐々に変化していく事で、いつの間にか常識となっていても、ふと10年前、20年前を振り返ると大きく変わって居る事だってたくさんある。

なので、今の常識にとらわれず、本当にそれが真実なんだろうかと疑い続けるそういう姿勢が大切と説いている。

ただし、この本はいわゆる似非科学を流布したり、信じやすかったりする人にはちょっと危険かもしれない。
つまり、現在の科学ではありえない、間違っているとされているような似非科学も新しい仮説に過ぎないと胸を張る可能性があるからだ。

確かに、天動説が常識とされていた時代に於いて、地動説は似非科学と思われていただろう。
これは私見だが、似非科学と科学的な新しい仮説の違いはそれによって現実世界の現象を上手く説明できるか、とか、再現性が有るか、とか、そういったところであろう。

また、本書の中には科学とは反証可能なものであると定義されている。
つまり、現実世界の現象を観察して理論に合わない物が確かに確認されれば、その理論はどこか間違っているという事になる。
でも、似非科学はそういう事を無視しがち、というよりそもそも現象と理論の検証など行っていない物でしょう。

まぁ、実験をして理論に合う都合のいいデータだけを採用して論文を書き、ノーベル賞をもらった上に、たまたまのちに精密な検証でその理論が証明されてしまったなんて例も出てきますが、これは結果オーライな例でしょう。

とはいえ、現在の常識、理論に縛られて一見突拍子もない考え方をよく吟味もしないで一笑に付すのもそれもそれで危険な姿勢。

そういう考え方に出会ったら、「その発想は無かった、、なるほどそうかもね、でも、ホントかな?」と短絡的に拒絶するでもなく、短絡的に取り入れるでもなく、疑いつつも尊重するというような柔軟性はいつまでも持ち続けたいものだと思う。





竹内氏の著書はほかにも幾つもあるようなので読んでみたい。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
この本読んだことあります。ものごとの理解には限界があり、まして個人で知り得る知識などほんの一部でしかない、と謙虚にさせてもらえる内容でした。ですから、他人と何かについて論争することなど全くの無駄な時間と言えるでしょう。
ゲンタロウ
2017/12/13 11:16
ゲンタロウさんこんにちは。
ゲンタロウさんも読みましたか。
確かに、科学がどこまで進んでも、それは真実の近似でしかないなんて考え方も載っていましたね。
私もそう思います。
論争。
相手の意見をねじ伏せる事が目的ならばおっしゃる通り意味は無いですね。
でも、自分の意見に閉じこもらず、突拍子もない意見でも視点を変えると納得出来たり、現実を上手く説明できていれば取り入れることを検討してみるのも大事かもしれませんね。
t.shgie
2017/12/14 17:28
はい。そういうポジティブな議論ならおおいにするべきです!
ゲンタロウ
2017/12/15 02:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書感想 「99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」 shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる