shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS 埼玉サイクルエキスポ 行ってきました。

<<   作成日時 : 2017/02/26 16:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年もやってきました。

画像


画像


早速試乗です。

画像


本日最初の一目惚れ。

Tommasini SINTESI

ホイールも良いのでしょうけど、すごくきれいに走るというか、自転車全体としてすごく精度の高さを感じさせます。
乗っていてとても気持ちの良い自転車。

今まで、乗り心地や踏み込んだ時の重さみたいなものにばかり気を取られていましたが、ああ、そうか、私がロードレーサーに求めていたものはこれだったんだと、今更気づいた気がします。

ホイールは

画像


画像


Tranzioneというブランドの物。
私は知らなかったのですが、そんなにバカ高いようなものではないのですが、すごく良い感触です。

あれ、今年初めてロードに乗ったかな?、、、


さて、次は

画像


われらが、RaleighのCRTI。
レーシーなカラーリングがそそりますね。

私のCRRに似ている感じもするので、乗り慣れた感触と言いたいところですが、Tommasiniに乗った後だと鈍重な感じがしてしまいます、、、

うーん、良い評価をつけてあげたいけどできない、、、


次行きましょう。

画像


MIYATA THE MIYATA

ああ、これもきれいに走るわぁ。
ちゃんとまっすぐ進むって言うんでしょうか。
ミリ単位で思った通りの所を走れている感じです。


もう一台、高級スチールフレーム行きましょう。

画像


KhodaaBloom GIGLIO

去年のここで初めて乗って、正直見下していたコーダーブルーム、スゲーなって思ったのですが、今回もそれを裏切ることなくすばらしい感触を伝えてきます。
やっぱりこれも精度の高い走りをします。
そして、さらに乗り心地も良い。

今日乗った中で一番気に入りました。



さて、さて、やっぱり高級スチールフレーム良いなと思ったのですが、あれ、カーボンってどういう乗り心地だったっけという事で、TREKに行きました。

画像


TREK SL6

あ、そっか、カーボンってこうだったわ、、、

路面からのショックをしっかりいなしてくれるのですが、低反発クッションのような感じと言うのでしょうか。
ロードインフォメーションがぼんやりしちゃうのですよね。
あるいは、自転車との人馬一体感が薄いというか、、、

もっと言うと、速めのスピードでコーナーを曲がったりすると、なんか、自転車の感覚が無くなって、乗車姿勢のまま、自分だけが空を飛ぶようにコーナーを飛びぬけているかのような感覚になる。

スチールフレームのコーナーで踏ん張る感覚に慣れていると、自分が放り投げられたような感覚になって一瞬ビビる。

私はスチールフレームの目の覚めるようなはっきりした感触が好きだなぁ。

確かに、カーボンは速いだろうけど、私は速さよりも自転車そのものを味わうことに喜びを感じるので、自転車の存在が希薄に感じられるカーボンは向いていないようです。


アルミはどうだっけ。

画像


TREK ALR

ああ、これはALR特有の感触かもしれないけど、かなりカーボンに近いです。

こうして続けてSL6と乗り比べると若干重さは感じますが、ほとんどカーボンの乗り味です。

一時期アルミも良いなぁと思っていましたが、やっぱり私にはスチールが合っているという事が分かった今日でした。


スチールバイクフリーク (エイムック2459)
エイ出版社
2012-09-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スチールバイクフリーク (エイムック2459) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
埼玉サイクルエキスポ 行ってきました。 shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる