shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS サイクルスポーツ 2015年4月号を読んで。

<<   作成日時 : 2015/03/10 23:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

連載「自転車道」はなぜ自転車はカッコいいか、カッコいい自転車とはどういうものかというテーマ。
基本的には、自転車は装飾的なものが無いので、機能を追及した結果だからカッコいいという話。

それで、ふと思ったのです。
自分の自転車がなぜカッコいいと感じるか。

ハンドルやサドルの位置、変更した部品。
それは、すべて、自分にとって意味のあるもの。
ある目的を達成するために自らの意志で替えたもの。
だから、きっと、自分で手を加えて来た自転車を前にすれば、一つ一つの部品、セッティングについて機能を感じる事だろう。
だからカッコいいのだ。
そう思う。

逆に言えば、その機能を理解していない人間から見たらとんでもなくかっこ悪いと感じるかもしれない。

でも、良いんです、自分がカッコいいと思っていれば、それが「愛車」と言うものではないでしょうか。


続いては、グレッグレモンのスチールロードレーサー ワショーのインプレ記事。
ここでの記述に私ははっとした。


カーボン車は路面の凹凸を隠してフラットに走る。
それに対して、ワショーは(スチール車は)凹凸をある程度いなしはするものの、情報を伝えてくる。


これですよ。
私が、サイクルモードなどでカーボン車に乗ってきて、カーボン車はつまらないと感じる原因は。

私はクルマでも路面の凹凸を覆い隠してしまうようなサスペンションのクルマより、ある程度伝えてくれるクルマの方が好きだ。
路面の状況で運転を変えなければいけないからだ。

自転車でもその好みは一緒なのだろう。
だから、凹凸を隠してしまうカーボンよりも、凹凸を適度に伝えてくれる金属車の方に魅力を感じるのかもしれない。
まぁ、一口にカーボンと言っても素材から組み方までいろいろだから、金属車のような乗り味の自転車も作れるのだろうし、逆にカーボン車のような金属車を作ることもできるのかもしれない。
でも、一般論として、やっぱり私は金属車の方が好きだ。


サイクルスポーツ 2015年 04 月号 [雑誌]
八重洲出版
2015-02-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サイクルスポーツ 2015年 04 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サイクルスポーツ 2015年4月号を読んで。 shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる