shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS シートアングル

<<   作成日時 : 2011/11/15 22:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日行ったサイクルモードで乗って気になったORC05。
他の自転車よりもシートアングルが立っているように感じた。
という事で、実際どうなんだろうと検証。

550mm辺りのサイズで各社のシートアングルを調べてみる。

PanasonicのWebページにはまだ今年のモデルしか出ていないが、、


Panasonic ORC0474°
GIANT TCR SL372.0°
RALEIGH CRR(2011モデル)73.5°
ANCHOR RCN374.3°
FOCUS CLEBRO73.5°
TREK 2.373.3°


ざっと、こんなところか。
RCN3が意外にシートアングルが立っているが、それ以外と比較するとORC04が一番シートアングルが立っている。

やはり、私が感じたことは間違いではなかったようだ。
はたしてシートアングルが立っていることが、やまめ乗りに適しているのかどうか、堂城先生に訊いてみないとわからないが、(ただの前乗りじゃないんだよと言われそうだが。)今のところ私はシートアングルが立っている方が適していると感じており、そういう意味ではORC04やRNC3は次期マシンの候補として適切なのかもしれない。

しかも、ORC04はトップチューブを標準的なスケルトンより最大15mm伸ばすことが可能で、ステム長も120mmまで選べる。
やまめの学校で言われる、ハンドル幅を広げなさいという事にも対応できる。(最大420mm)

もちろん、フルオーダーで自転車を造れば、それこそ自由自在だが、有名ビルダーに頼めば、何か月も待たされるが、パナソニックのPOSなら14日で納品となる。

フレーム売りもしているので、ハンドルを440mmにしたいとか、クランクを175mmにしたいとか、ステムをもっと長くと思っていれば、フレーム買いしてパーツを指定して自転車屋で組んでもらうことも可能だろう。

やっぱ、次はパナモリかなぁ。

2015年5月15日追記。

おじぎ乗り(やまめ乗り)にシートアングルが立っている自転車が適しているというのは間違い。
おじぎを深くして、速度を上げようとすれば、サドルを後ろに引きたくなるもので、シートアングルが寝ている方がサドルを後ろに引きやすくなる。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シートアングル shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる