shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車妄想2012

<<   作成日時 : 2011/10/07 23:32   >>

トラックバック 0 / コメント 3

そろそろ、各メーカーの2012年モデルが出そろってきました。
自転車を買い換える予定も、その経済的な余裕もありませんが、2012年モデルで気になる自転車を挙げてみます。

と、その前に、選択基準を決める。

予算は完成車で20万円まで。
経年劣化が気になるのでカーボンは除外。金属車オンリーとする。
カーボンフォークは許可とする。(消耗品扱い)
コンポは105以上が望ましい。TIAGRAはぎりぎりOKとする。


ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!
小学館
菊地 武洋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この本の主張に基づいて、スプロケット、チェーンリングはシマノ製であることが望ましい。
本当はチェーンもと言いたいけど、カタログに乗っていないことが多いので、とりあえず不問。

こんなところかな。

では、まずは、以前から一番気になっていたアンカーのクロモリから。

Anchor RNC3 SPORT

クロモリフレームでは抜群のしなやかな乗り心地。
もちろん、すべてのクロモリフレームに乗ったことが有るわけではないが、サイクルモードでいろいろ乗り比べてみた限り、少なくとも乗り心地と言う面では群を抜いている。

2011年モデルには105を搭載したEquipeというモデルが有ったがそれは無くなってしまったようだ。
しかし、TIAGRAも10速になったので良しとしよう。

オプションで選べるパーツや色も多く、セミオーダー車と言えるような存在。


次はまさしくセミオーダー車。

Panasonic ORC24

10mm刻みでサイズが選べ、もちろんカラーも豊富。
しかも、納期がたったの14日。
有名ビルダーにオーダーを頼むと、2か月3か月待たされるのは当たり前なのに、たったの14日。
気の短い人にはお勧めですね。
乗り心地もクロモリらしくしなやかな乗り心地。


乗り心地的にもう少し手ごたえが欲しいという向きにはアルミ車はどうだろうか。

TREK 2.3

程よく路面の状況を教えてくれる硬さ。
これくらいの方が走らせているという気になるものかも。
やまめの学校の堂城先生もTREKのアルミ車は良いとおっしゃっていた。
2011年モデルは文句なしにお勧めだったのだが、2012年モデルは、スプロケットだけがなぜかほかのコンポより1ランクダウングレードされているのが残念。


アルミと言うと気になるのがこのバイク。

Cannondale CAAD10

なにかで、読んだか聞いたかしたのだが、CAADはすごいらしい。
何がどうすごいのか忘れたが、たしか、乗り心地と軽さを兼ね備えているような、そんな事だったと思う。
一度乗ってみたい。


次もアルミ。

FOCUS CULEBRO 1.0

予算オーバーだが、私の自転車の師匠、やまめの学校の堂城先生が乗っている自転車。
結構良いらしい。
堂城先生はDURA ACEに換装して乗っておられたが、完成車ではULTEGRAか105が選べる。


最後にもう一つアルミ。

GIANT TCR SL3

Super Light Weight Technologyにより極限までシェイプされたフレームは、スタンダードTCRに対し約20%もの軽量化を実現し、ADVANCEDクラスのカーボンバイクと双璧をなす上級ピュアレーサーで有りながら19万円弱と言うお値段。
これはお買い得でしょう。


もう一度クロモリに戻って、

MASI

とか

GIOS

とかもありますが、、、飽きてきたのでこの辺で、、、

最後に番外編でこれだけ紹介しておきましょう。

HOLKS

フレームはトーエイ製との事だが、納期が4週間。
トーエイでオーダーすると1年近く待たされるらしい、、、
どういう事だろう、、、

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今のバイクに満足しているからか、あまり見なくなったなぁ。

Gary Fisherが無くなったのが起点かもしれない。

TREKにModelがそのまま吸収されて思ったこと。
Gary Fisherの技術に惚れていたのでなくて
Gary Fisherというブランドを崇拝していたということ。
ブランドの裏に「夢」を見ていた。

Hな会社の裏にF1がいたように。

今のHに「夢」はあるのだろうか……

なんてね。
すんぷ
2011/10/08 06:02
なるほどね。

私は、カールトンRも良い自転車だけど、やまめ乗りを体得して経済的余裕が出てきたら、サイズ的に自分にぴったりの自転車に乗りたいと思ってる。

ブランドの裏の夢ね。
今回のジョブスの死はパターンとしては逆だけど、これでアップルのブランドがどうなるか見ものだね。

アップルの場合は、本田宗一郎亡き後のホンダみたいなものか。

今のホンダに夢が有るかか。
日本でタイプRは絶滅しちゃったけど、CR-Zを残してくれた。
欧州でシビックを生き延びさせてくれた。
現行のシビックRユーロみたいに、また日本に持ち込んでくれるかなと言う夢は有るね。

F1から手を引いたのだって今回だけじゃない。
きっとまたいつか戻ってきてくれると思っているよ。
shige
2011/10/08 08:39
自分の場合は、自分の自転車にも満足して
いませんし、他の自転車にも興味が沸かない
状態でして・・・何かと模索中です。
学校の休憩時間の時、1〜2分ですが堂城さん
のFOCUSを試乗する機会があったのですが、
正直「なんじゃこりゃー!」でした。
めちゃくちゃ軽く走れます。
ホントは普段自分が走っているコースで
比べないと分からないかもしれませんが。
フレームは今まで乗ってきた2本よりも
安価なものです。
だから余計に悩みました。
自分は自転車にお金を掛けたいのか、
楽しく走りたいのかどっちなんだろう?
・・・です。
堂城さんは、「こうしなさい」だけでは
なく「こうだからこうなんです」としっかり
理屈を教えてくれますが、でもその裏には
もっと膨大なノウハウがあって、あのような
バイクつくりがされているのかな?っと
感じます。
「フレームにお金を掛けるのはもったい
ないですよ。そこにお金を使うよりも、
ステムをたくさん持ってた方が良いです」
という言葉が、ずっと頭の中に残っています。
もちろん、フレーム代については、“一般用”
が前提の言葉だと思いますが。。。
でもフレームは“道具の一部”という感覚
なのかな〜って思いました。
1〜2年で買い換えられるくらいの予算の
モノが良いってコトかな?って。
(パーツはもちろん使いまわしますよね)
やまめ式は一つの手段であって、楽に走る
のと、速く走るのとはまた別だと思います。
自転車って単純なモノのようで、様々な要因
でプラス・マイナスの結果が出てしまうので、
益々何が“良”なのか分からなくなって
しまいました。
カーボン買う前に学校へ行ってたら、全く
違ったフレームを購入していたかもしれま
せんし、逆にフレームを替えなかったかも
しれません・・・。
けんぞー
2011/10/08 17:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
自転車妄想2012 shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる