テーマ:音楽

さだまさしってやっぱり良い!

たまたま見た「人生最高レストラン」という番組のゲストがさださんだった。 っていうか、番組MCのゲスト紹介の前振りの「この人日本中回ってるでしょうねぇ」とか言う程度の2,3言のセリフで、「え?さださんの事?」と思ったら当たっていた、、、 高校生の頃、たまたま聴いていたラジオの深夜放送のMCがさださん。 もちろん、ご自身の曲も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

希代の歌姫 Uru

随分大仰なタイトルですが、久しぶりにスゲーと思う歌手に出会いました。 きっかけは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のエンディングテーマ曲。 1月からエンディング曲が変わり、それを聞いた瞬間一目ぼれならぬ、一耳惚れでした。 楽曲の良さも有るのですが、その声がとても私の好みに合ったのです。 私は男でありながら、女性歌手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書感想(みるさんの【歌ってみた】やってみた)

自分の歌ったり、楽器を演奏する姿をYouTubeなどの動画サイトにアップロードする人も多いですね。 この本の著者もそんな人たちの一人。 みるさんの部屋❤ (mille) この 【アナ雪】雪だるまつくろう 広島弁ver. アナと雪の女王 は397万回以上の再生回数を誇ります。 こうしたネタ的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウタイスト

昨日の記事でも紹介した、私が勝手にギターの師匠と仰いでいる一人、瀧澤克成さんとボーカリスト石河美穂さんが「ウタイスト」というユニットを結成。 http://utaist.jp/ 神奈川を中心にライブ活動をしています。 近々アルバムも出す予定とか。 YouTubeの瀧澤先生のチャンネルや石河さんのチャンネルでもちょくち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽感想(Bank Band 「to U」)

Bank Bandの「to U」 2005年に発表された曲だが、私が知ったのはつい先日、この動画で見てからだ。 この動画は先日記事にした私のYouTube上のギターの師匠の一人瀧澤克成さんがボーカリストの石河美穂さんと唄っている物。 さすがに歌を本業とする石河さんと並んで歌うと瀧澤先生の歌は貧弱に聞こえてしまうが、とて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing「キミト」)

アルバム「FUN-FARE」最後の曲。 一朗さんの軽快なアコースティックギターのリズムに乗って、ちょっとぎこちない、穏やかな愛情をもっちーが歌い上げます。 「頼りないけど頼られたら  ありったけの愛で受けとめるよ」 男ってみんなそうですよね。 好きな女の前では。 「同じ時を過ごしては  同じものを抱きしめた…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing「Lovers」)

アルバム「FUN-FARE」11曲目。 Mighty Boyと一転、タイトル通りロマンチックなメロディ。 アコースティックギターは好きじゃないと公言する伊藤一朗さんですが、そこはプロ。 好きじゃないアコースティックギターも見事に弾きます。 ちょっとはアコースティックギターをかじっている私としては、あれ、ここどうやって…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing「Landscape」)

アルバム「FUN-FARE」の曲感想。 少し間が空いてしまって、どこまで書いたか忘れていました、、、 そのアルバム「FUN-FARE」の10曲目 この曲はすでにシングルで聴いていて、その時にレビューは書いているので、詳細はこちらをご覧ください。 もう、とにかく良いですねぇ、この曲は。 なんて言うんでしょう、こう…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing「アクアマリンのままでいて」)

アルバム「FUN-FARE」 9曲目。 かつてのトレンディドラマのスペシャル版に合わせて主題歌をELTが歌いなおしたものらしいが、、、、 なんというか、歌に力を感じないんですよねぇ、、 さらっと歌ってしまっていて、心に届くものがない。 まぁ、楽曲は悪くはないと思うのですがねぇ、、、 ELTに、持田香織に合わない…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「Sympathy」)

アルバム「FUN-FARE」 8曲目。 さわやかで明るい曲調。 共感を感じあう恋人たちの歌と受け止めていいだろう歌詞。 惹かれあい、傷つけあうことあったけれど、 「僕らなら  踏み出せないことなんてない」 そして 「愛することを知った  僕らには  超えられないことなんてない  さぁ 今を歩い…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「Mighty Boys」)

なんじゃ、この60'sは、、、 ロックンロールしてますなぁ、、 単体で聴いたら、まぁ有りかもしれないけど、Lienの感動的な余韻の後に来るとちょっと雰囲気ぶち壊し的な印象が、、、 ハリネズミの恋の後あたりだったらうまくつながったかも、、 FUN-FARE (ALBUM+DVD)avex trax 2014-0…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing「Lien」)

アルバム「FUN-FARE」の6曲目。 Lienとはフランス語でリアンと読み、「縁」「絆」という意味らしい。 歌詞の内容としては、親と離れて一人暮らしをしている若者が、親からの手紙を見ながら思うことを切々と歌っているという感じ。 この曲はNHK Eテレで放送中のアニメ「はなかっぱ」の映画の主題歌になっている。 この映画に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing「START」)

アルバム「FUN-FARE」の5曲目。 これの感想を早く書きたいこともあって、「ハリネズミの恋」の感想がやっつけ仕事になってしまって済みません。 この曲はテレビ東京のオリンピック番組のテーマ曲として作られました。 なので、歌詞もPVもオリンピックを意識したものとなっています。 私はこの曲と、次の「Lien」がこのアル…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing「ハリネズミの恋」)

エヴァンゲリオンファンならみなさんご存知の「ハリネズミのジレンマ」の歌ですね。(笑) 一応解説しておくと、ハリネズミはとげとげなので、誰かに近づいたり、寄り添おうとすると、そのとげで相手を傷つけてしまう。 というのがハリネズミのジレンマ。 この歌の歌詞もまさにそういう内容。 今風の言葉でいえば、コミュ障(俗にいうコミ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「ON AND ON」)

アルバム「FUN-FARE」の3曲目。 タイトルの「ON AND ON」とは「引き続き」「休まずに」という意味になるらしい。 私は、この曲のタイトルと、歌詞のテーマから、アルバム「CHANGE」の「DREAM GOES ON」を思い出した。 あちらは、失恋からの立ち直りソングという感じだが、それでも前を向いて歩いて行こうという…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「take me tell me」)

アルバム「FUN-FARE」の2曲目。 1曲目「BFF」に引き続いて軽快な曲に少女の恋を思わせる詞が乗せられている。 「ひとつ知ればまた好きになった  そのまたひとつを知りたくなり  それがそれがもう  恋の予感です」 恋の基本を抑えた歌詞ですね。(^^; でも、私の場合はちょっと違ったり、、 相手のこと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「BFF」)

このところ、油断するとELTがTVに出ていたりするので油断なりません、、、 さて、今日紹介するのはアルバム「FUN-FARE」の一曲目。 BFFとは英語圏で使われる略語でBest Friend Foreverの略だそうだ。 そのタイトル通り、女性同士の友情を描いたと受け取れる歌詞。 作詞はもちろん持田香織。 作曲は…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「FUN-FARE」)

はい、本日発売のELTのアルバムです。 いやぁ、これはORDINARYを超えたんじゃないですか? 粒ぞろいの曲ですよ。 全体に軽快な曲が多いですね。 ちょっと、これまでになかった曲調の曲が多くて、作曲家陣総入れ替えしたのだろうかと思ったけど、そんなことも無いようです。 とにかく元気になるアルバムです。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

Every Little Thing ニューアルバム発売決定

Every Little Thing公式Webページより 2014.02.19 Release NEW ALBUM「FUN-FARE」 約2年半ぶりにお届けするEvery Little Thingの11枚目のアルバムが完成!! テレビ東京系ソチ五輪中継テーマソングの新曲「START」を筆頭に、 シングル「Landscape…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「Over and Over」)

1月に結婚式に使えそうなELTの曲を集めた記事を書いたが、「ELT 結婚式」なんてキーワードで検索をしてみると、意外に出てくるのが今回取り上げる「Over and Over」。 私は上記の記事を書くまで「Over and Over」の意味を取り違えていたので、結婚式には向かないのでは、、と思っていたのだが、これは「何度も何度も」と…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「あたらしい日々/黄金の月」)

この2曲はシングルのみの発売。 2008年の夏の発売だったが、不覚にもこれらの曲の存在に気が付いたのは2011年。 さっそく買い求めて聴いてみる。 何というか元気になる曲である。 朝起きて、まだちょっと眠いなぁと言う時に聴くとすっきりと起きられる。 そんな曲である。 どちらももちろん持田香織作詞だが、この2曲に限って…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「all along」)

セカンドアルバム「Time to Destination」の収録曲。 作詞は持田香織と五十嵐充の共作ということだが、初期の歌だけに、持田香織が歌手になる夢を実現できたことへの感謝を詠った歌と想像できる。 そう、この歌のテーマは「感謝」 周りで応援してくれたり、支えてくれる人への感謝。 そういう意味からも、私は1月の記事で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「BEGIN」)

この曲はELT15周年記念アルバムともいえる「ORDINARY」の最後の曲。 最後の曲なのに「BEGIN」?とも思われるだろうが、私はこの曲は15周年という区切りからの再出発の決意の歌なのだと解釈している。 「いっそ このままで  いいのなら 簡単さ  だけど、そうもいかない  毎日を生きてる」 惰性で生きるので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「蓮 -れん-」)

五十嵐氏がプロデューサーとして参加したアルバム「CHANGE」の中の一曲。 この曲の作曲も五十嵐充。 作詞はもちろん持田香織。 抽象的な詩なので、何を詠っているのか分かりづらいところもあるのですが、私はこれは命と愛への賛歌と受け取っている。 「恐れないで愛に  目覚めたもう命よ  健やかに  緩やかに  さぁ、身…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「二人で時代を変えてみたい」)

1月にELTの曲だけで結婚式をやったらどうなるだろうみたいな記事を書いて、大変多くの参照数をいただいています。 これに気をよくして、好きな楽曲の感想というか、紹介を書いていますが、こちらはあまり参照数が伸びません、、、 うーん、やっぱりこのブログでゲンタロウさんのようなコアなELTファンの読者は少ないですよね、、、、(笑) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(Every Little Thing 「恋をしている」)

次はこの曲を紹介しようと決めて、早数週間。 ブログの編集画面を開いては閉じ、開いては閉じ。 何というか、この曲の魅力を文章にするのが難しいのだ。 今までやってきたような歌詞の引用でもうまく伝わらないだろう、、 でも、敢えて引用するなら冒頭のこの一節。 「ちいさくキスをした  ほら  愛しいものがたり」 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(ありがとうはそのためにある)

このブログのお客さんはほとんどが自転車乗りの方、その次が車関係という感じと思いますが、ここで敢えて音楽ネタ。 というか、Every Little Thingネタ。 ネタ切れのときに、私の好きな曲の紹介でもしていこうかと思います。 あまり、その曲が人気があるとかないとか気にしないで自分の基準で聴いているもので、その曲が良いのはみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽感想(小林香織 アーバン・ストリーム)

JAZZを聴きたいと思って手に取った一枚ですが、JAZZと言うよりイージーリスニングに近いですね。 もうちょっとゴリゴリのJAZZ(?)を聴きたかった気がしないでもない。 でも、JAZZと思わなければ、これはこれで良い。 明るくさわやかで軽快なメロディーが並ぶ。 そういう気分になりたいときには良いですね。 文字通り聴き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CDをジャケポチ

先日、JAZZを聴いてみたいなんて言ってみたのですが、何を手掛かりに好みに合うアーティストを見つけるかが難しいのですが、CD屋に行っていろいろ見て回って、結局アマゾンで、これをジャケポチ アーバン・ストリーム(初回限定盤)(DVD付)ビクターエンタテインメント 2013-02-20 小林香織 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほらの吹き方

先週末に旅行に行った熱海の熱海城の中で、ほら貝を吹く体験ができます。 時代劇とかで見る以外、実物を見るのは初めてでしたが、見た瞬間構造がわかりました。 原理は金管楽器と同じです。 自分の唇を音源として鳴らすものです。 吹き口をくわえてしまってはスースーと言う音しかしません。 私は中学生時代、ちょっとだけブラスバンドに入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more