読書感想「かわうその自転車屋さん 9」

今回の表紙は自転車が出てきません。

かわうその自転車屋さん 9巻 (芳文社コミックス) - こやまけいこ
かわうその自転車屋さん 9巻 (芳文社コミックス) - こやまけいこ

正確には裏表紙の端っこにちょこっと自転車が描かれています。

帯には「カフェ成分増量中」と。

確かにカフェ関連の話の印象が強い巻でした。

ヨウコさんのお母さんが盲腸で入院のため3日お休みで、その間にテイクアウトメニューを店長が開発したり、月野と雪竹とピザをつまみながら怪談話をしたり、冬場の集客のために新メニューを開発したり。


でも、ちゃんと自転車話もありますよ。

店長とヨウコさんの自転車屋としての真のポテンシャルを見せた冒頭のエピソードや自転車イベントの企画を任された阿久くんの話やヨウコさんへの恋心を秘めた大角くんの初レース等。

阿久くんのエピソードは雨が降ったからこそサイクリングの楽しさに気づけたところが好き。

レース界の絶対王者、キングチーターの引退レースの話も男気が有っていい。

勘違いしてガチなヒルクライムイベントにエントリーしてしまった兎本さんがゴールで見た風景で参加して良かったと思うシーンとか、自転車で山を登ったことの有る人ならうなずける話です。
スタート地点で屈強な肉食獣に囲まれて震える兎本さんも好きw

でも、一番笑えるのはあとがきかな。w

今回もほんわか楽しい時間をありがとうございます。

あ、そうそう、今回のカバー下の表紙は、、、やっぱりカフェ成分増量かなw

こやまけいこさんの漫画は食べ物の描写が美味しそうでいいですね。


それから、かわうその自転車屋さんは次の10巻で最終巻になるとか、、
大角くんの恋は成就するのか。
9巻で、やっぱり店長と結ばれる運命だよと思わされたソウコさんはどうするのか。
そして、ストラーデ・ビアンケは、、、
まぁ、こうして、ストラーデ・ビアンケと常連たちの日常は続いていく、、って感じに終わるのだろうけど、どういう結末を迎えるのか気になりますね。

息子共々楽しんできたかわうその自転車屋さんが終わってしまうのは残念ですが、こやまけいこさんには次のステップに進んでほしいとも思うので、前向きに考えたいですね。

店長、こやまさん、お疲れさまでした。

かわうその自転車屋さん 9巻 (芳文社コミックス) - こやまけいこ
かわうその自転車屋さん 9巻 (芳文社コミックス) - こやまけいこ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント