読書感想「おりたたみ自転車はじめました」

おりたたみ自転車はじめました - 星井 さえこ
おりたたみ自転車はじめました - 星井 さえこ

公園で見かけたおしゃれな女性に憧れておりたたみ自転車を買った著者。
近所のポタリングから輪行を覚え、ついにはしまなみ海道を走る。

エピソードごとにその時の服装や持ち物について解説されているが、普段着から段々とレーパンジャージに近づいていくのが興味深い。

女性の著者だけに、女性に受けそうな内容だなとは思う。
自転車乗りの男性が、彼女や奥さんを自転車趣味に引き込むのにいい本じゃないか?と思ったら、あとがきにおりたたみ自転車の楽しさを伝えたくてこの本を書いたと有った。

その目論見は十分達成できると思う。

さて、ロードバイクに乗るのが一番楽しいと思っている私には気を惹かない内容かとも思っていたのだが、この方の絵が好き。
デフォルメされているとはいえ、自転車、自動車、電車などが精緻に描かれている。
省略された線は少ない。

この方、工業デザイナーなのだそうだ。
なるほど、それでこの絵なのか。

そんなわけで著者の目論見から違うところから入った私だが、まだ行ったことのないしまなみ海道の様子も知ることができて、楽しかったというより勉強になりました。

まぁ、計画的な旅行が面倒な私が独りでしまなみまで行くとは思えませんが、様子はわかりました。

それにしても、形から入っておりたたみ自転車を買ったところからしまなみ海道まで、特に誰かに導かれた様子もなく独りで行ってしまうなんて、行動力すごいです。

上述の通り、女性を自転車趣味に引き込むには最適の本だと思いますよ。

おりたたみ自転車はじめました - 星井 さえこ
おりたたみ自転車はじめました - 星井 さえこ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント