サイクルモード2019に行ってきました。

今回は初日の開場前から並んで入場。
さてさて、今年はどんな自転車に乗れるかな?

入ってすぐはDeRosa。
大人気ですでに長い行列ができている。

DeRosaはネオプリマートが有れば乗りたかったが、2年前から試乗車がなく、今年もないようなのでとりあえずパス。

その隣がインターマックス。
特に興味のある自転車がなかったのでここもとりあえず素通り。

その隣がCHAPTER2。
まだ生まれて間もないブランドだけれども何か気になるブランド。
後でよく見てみよう。

その隣がCANYON。
前も乗って結構気になっていたような。

その隣がYONEX。
一昨年、初めてCARBONEXに乗ってすごく気に入った。

という事で、とりあえずCARBONEXの整理券をもらって、隣のCANYONに

CANYONは整理券方式ではなく、その場で乗りたい自転車が返ってくるのを待つタイプ。
そもそも、乗りたい自転車を申告する受付までが長蛇の列。
CARBONEXの試乗の時間まで40分くらいしかないので、途中で時間ないかもと諦めようかと思ったところで私の番。

DSC00033.jpg

CANYON Ultimate CF SLX 8.0 Di2

なんじゃこりゃぁ。
走りがめっちゃ軽いし、乗り心地も硬すぎない。
めっちゃ楽しいー。

いきなり当たりを引きました。

CARBONEXの時間が迫っているので、多少名残惜しくも返却してYONEXブースへ。

DSC00035.jpg

YONEX CARBONEX ベントフォーク

前回、より剛性の高いHRを乗った気がするのでノーマルタイプにあえて乗ってみた。
あ、確かに乗り心地柔らかい。
踏み込んでいくと金属車のようなタメが有る。

この後本当のクロモリ車に乗ったのですが、その時に思ったのが、「ああ、CARBONEXはクロモリのような乗り心地でありながらカーボンの軽さを備えているロードなんだ。」という事。

TREKで言うとDomaneのような位置づけなんだなと思った。
客観的にみるとすごくいい自転車だと思うのだけど、残念ながら私はEmonda派、もっとシャキッとしているのが好きなのよ。

という事で、買うならHRかなぁ。

ま、フレームセットで40万円オーバーなんて買えませんが、、、

で、そのクロモリ車

DSC00045.jpg

PANASONIC ORCC02

やっぱり優しい乗り味だよねぇ。
ただ、CANYON、YONEXと軽量カーボンフレームを乗り継いだ後だと、さすがに加速時の重さが気になる。
なので、CARBONEXの軽さを備えたクロモリに近い乗り味が秀逸と感じる。

次、何に乗ろうかなとふらふらしているうちにまたCANYONに並んでしまった。

DSC00047.jpg

CANYON AEROAD CF SL Disc 8.0

いわゆるエアロバイク。
TREKのMadone 9に何度か乗ったことが有るのだが、なんだか私には乗りこなせないような印象が有ってエアロバイクは敬遠していたのですが、、
なんじゃこりゃ。
めっちゃスーッと進む。
シフトアップをしていってスピードを出すほどペダルが軽くなるような錯覚がする。
おそらく、これくらいのスピードなら空気抵抗でこれくらいペダル重くなるという、これまでの経験よりも抵抗が少ないので、むしろペダルが軽くなって行っているような錯覚に陥るのだろう。

上に乗っているライダーはめっちゃ空気抵抗大きいのに、、、
ちょっと、エアロバイクへの認識を改めました。

さて、気になっていたCHAPTER2.

試乗の手順が分からず、とりあえず列らしき物に並んでいると、ほかの人が「試乗受付はどうするんですか」とスタッフに訊いているを聞きつけて、向かって右側のカウンター上のタブレット端末に名前とメールアドレスを入力して受付。
その後、スタッフの一人が試乗待ちの列まで案内してくれて、4種類あるモデルを簡単に説明し、乗りたい車種を聞き取る。

私はヒルクライム用と説明されたHURUを指定。
数分でHURUが返ってきて私の番に。

DSC00049.jpg

CHAPTER2 HURU

いやぁ、これも軽い走りでめっちゃ楽しい。
さすがにCANYONのULTIMATE CF SLXに比べると若干重たい感じはするが、あちらの方が10万円くらい高いので致し方ないだろう。

このHURUの乗り味と若い会社らしいフレンドリーなブースの雰囲気で思わずほしくなってしまった。

走っているときにブレーキをかけると音鳴りがした。
CANYONのカーボンホイールをはいたULTIMATE CF SLXに乗った時も音がしたので、カーボンホイールのリムブレーキってこんなものなのかなぁと思っていて、自転車を降りて写真を撮ろうと思ったときに気づいた。
あ、これ、ディスクブレーキじゃん、、
ディスクブレーキもちょっと前まではやっぱり違和感あったけど、もう、知らないで乗ったら分からないですね。

さて、そろそろ気になる自転車もなくなってきたし、疲れてきたし、、という事で最後に

DSC00051.jpg

YONEX CARBONEX HR

やっぱり、私は軽くて硬めのフレームが好きなんだな。
と気づいたのでHRの方にも挑戦。

以前乗って感動したのもHRの方だったかな。

でも、、あれ、確かに、ノーマルのCARBONEXの気になる柔らかさはないけど、感動がないなぁ、、
15分間乗っていても良いので、3,4周じっくり乗ってみたら疲れてしまったのか、硬さがちょっと嫌な硬さに感じてしまって、、、

まぁ、最初にHRに乗ったときは最初の方に乗ったので、最後の疲れた状態で乗るとまた感想が違ってくるのも仕方がない。

でも、長距離乗った時の感想に近い感想になるのかなぁと思ったり、、

というわけで、今回気になったのはCANYONのULTIMATE CF SLX、AEROAD CF SL、CHAPTER2のHURU。

HURUはがんばったら買えそうだなぁ、、ww


あと、用品関係ではこれ。

DSC00039.jpg
DSC00041.jpg

Kabuto VITT

エアロヘルメットなどではよく有った、シールド付きヘルメット。
強力な磁石3つで装着。

サングラスが苦手な私にはこれが良い。

で、税抜き定価13,000円と比較的手ごろな値段。
次のヘルメットはこれにしようかな。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット VITT (ヴィット) カラー:G-1マットホワイトレッド サイズ:XL/XXL
OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット VITT (ヴィット) カラー:G-1マットホワイトレッド サイズ:XL/XXL

DSC00053.jpg

さて、そんな感じでまだ明るいうちに帰途についた私。

帰ってから、マイEmondaで2,3kmほど走ってみました。

DSC00265.jpg

うん、やっぱり、Emonda最高!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

この記事へのコメント