映画感想「ファースト・マン」

私にとってアームストロングと言えばルイでもランスでもなくニール

言わずと知れた、月面を踏んだ最初の人類。

そんなニール・アームストロングの半生を描いた映画。

この映画、TVのコマーシャルなどでは、「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督の、、、と宣伝しているが、「ラ・ラ・ランド」とこの映画では客層違いすぎないか?
逆に「ラ・ラ・ランド」の名前を出されると、つまんなそう、、って思ってしまうわ、、、

なんてことを思いながらも見てきました。

宇宙飛行士たちが突然踊り出したりはしなくて安心しました。


ただ、他のこの手の映画と違うなとは思いました。

これまでのこの手の映画を見ていると、宇宙飛行士たちは宇宙船の座席を奪い合うように自身を磨いて名誉と冒険心の為にすすんで宇宙に飛び立つイメージでした。

しかし、この映画では宇宙に行く事、月に行くことは恐怖を感じるような描かれ方をしている。

では、なぜアームストロングは月を目指したのか。

それは冒頭の娘の死を乗り越えるため。

そうだったかのように思わせる映画であった。


これまでのこの手の映画をロボットアニメを思わせるような、カッコよく高揚感を覚える映画とすれば、この映画はヒューマンドラマに近いものだと思う。
監督曰く、英雄として扱われがちなアームストロングの内面や、知られざる一面を描きたかったとのことですが、それは成功していると思います。

でも、宇宙空間や月面の描写もすばらしく、歴史的な映像を再現したシーンがちりばめられていて、宇宙ファンも十分納得する内容です。


映像的には手持ちカメラによる撮影が多く、ドキュメンタリー映画の匂いをさせているのが面白いですね。

原作はこちら↓








【Amazon.co.jp限定】ファースト・マン 4K Ultra HD+ブルーレイ スチール・ブック仕様(特典映像ディスク付き)[4K ULTRA HD + Blu-ray] - ライアン・ゴズリング, クレア・フォイ, ジェイソン・クラーク, カイル・チャンドラー, コリー・ストール, キアラン・ハインズ, パトリック・フュジット, ルーカス・ハース, デイミアン・チャゼル
【Amazon.co.jp限定】ファースト・マン 4K Ultra HD+ブルーレイ スチール・ブック仕様(特典映像ディスク付き)[4K ULTRA HD + Blu-ray] - ライアン・ゴズリング, クレア・フォイ, ジェイソン・クラーク, カイル・チャンドラー, コリー・ストール, キアラン・ハインズ, パトリック・フュジット, ルーカス・ハース, デイミアン・チャゼル

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック