shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS シティサイクル米式化した

<<   作成日時 : 2018/11/19 00:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年1月に買ったシティサイクル。

画像


先代のシティサイクル同様、シートポストを長いものに変えて、ハンドルを目いっぱい下げてとクロスバイクに近いポジションを取れるようにしましたが、なんだかタイヤがよじれるような感覚がたまにあって前から気になっていたんですね。

まず考えられるのは空気圧ですが、英式バルブは空気圧を後から計れない構造だし、メーター付きのポンプを使っても洗濯ばさみのようなポンプヘッドでは正確に計れているのか微妙。

と言う事で、チューブを米式にしてしまえと。





このチューブを購入。

ちなみに米式と英式はバルブの太さが規格上同じなので、リムのバルブ穴にもピッタリです。

では、オペを開始します。

画像


実は、米式化の他にもう一つやりたいことが有って、それはホイールの振れ取り。

2,3万円の自転車のホイールの振れ取りを丁寧にやっているとは思えないので、やってしまえと。
振れもよれ感の原因かもしれないとも思っているので。

振れ取り台にかけてみると

縦横共に数mm振れています。

ちなみにセンターもずれずれでした、、

で、一生懸命振れ取りしたわけですが、特に前輪がダイナモ入りのハブのせいか剛性が低い感じで、リムを勢いよく回すと、ブルブル震えだす始末、、、
こりゃ、詰めて振れ取りしても意味ないし、そもそもそこまで振れをとれない、、、

ってことで、適当なところでやめたのですが、スポークのテンションもかなり緩めだったのを大分締めたので、ホイールの剛性上がったんじゃないかな。

で、車体に戻して走ってみました、、、、


そりゃもう、劇的に、、、、変わりませんでした、、、、

まぁ、なんとなくまっすぐ走るようになったかなぁ位。

乗り心地は若干硬めになったか。
その分、若干すっきりした走り心地にはなったけど。

ま、今回の所は、バルブを米式にして、空気圧の管理をしやすくなったという所で勘弁してやるか、、

やっぱり、スポーツ車の方がメンテも楽しいですね。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シティサイクル米式化した shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる