妻とひろくんが「君の名は。」を見てきました。

映画の日ということで妻とひろくんは「君の名は」を見に行きました。

私がエンドロールも泣けるよと言ったのですが、帰ってきて、

「泣けるポイントどこ?」

とか聞いてくる始末。

全くもう、

まず、図書館で調べ物している段階で泣けるでしょ。

ラーメン屋の親父に送ってもらって絵の感想を言われたところで泣けるだろ。

あとは忘れたけど、スタッフロールでこんな良い映画を作ってくれてありがとうって泣けるだろ。


全く、感受性の低い奴らめ。

まぁ、そうは言ってもそれなりに楽しんで来たようですが、妻曰く、席を立って振り向くと泣いているのは40代位の男性ばっかりだったとか。

「つまり、『転校生』+『時かけ』でしょ。」

まぁ、そうだけどさぁ、、、

タイムパラドックス的な要素が女子供には難しいか、、、(爆弾発言)


でも、ひと時、家族で映画の話で盛り上がることができました。

新海監督ありがとう。


私の感想はこちら→映画感想(君の名は。)


小説 君の名は。 (角川文庫)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-06-18
新海 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小説 君の名は。 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック