YouTube上のギターの師匠4人

YouTube上に勝手にギターの師匠と仰ぐ方が4人いらっしゃいます。
今回はその方々を紹介します。

一人目はOHORI123(創 弾き語り)さん。

福岡にお住いのまだ20代の若い方。
でも、10代の時からギターを弾き続け、なかなかのテクニックをお持ちの方。

アコースティックギターが特にお好きで、10本近くのギターを所有。
動画ではGibson J-45とTakamineのヘッドの形が特徴的なギターをよく弾いていらっしゃいます。

さまざまなジャンルの音楽をギターで弾きこなします。
特に長渕剛がお好きで、話の中でもよく出てきますし、ライブ配信でもよく演奏されています。

動画はギター本体や小物の紹介なども多いですが、演奏テクニックを解説した動画も多く、とても参考になります。

OHORIというのは本名ではなく、福岡市にある大濠公園が由来だそうです。

一日おきに動画を配信するという精力的な方です。




二人目は夏林さん

岩手県二戸市にお住いの方。

この方もアコースティックギターをメインに弾く方。

見たところ40歳前後位の方ですが、最新の楽曲にも敏感で、動画の中で弾き語りをしたり、演奏方法を解説されていたりします。
また、地元では「夏林ギタークラブ」なるものを主宰し、音楽イベントを企画するなど活動的な方です。

目玉となる動画は「初心者のためのギター講座」。
その名の通り、初心者向けにギターテクニックやギターの手入れの仕方などを解説してくださっています。
初心者が躓きがちなところに焦点を当てて解説してくださっているので、とても参考になります。

毎週金曜日の夜に動画を配信されています。




三人目は大森ごうすけさん。

YouTubeはまだ始めて1年程度。
登録者4000人弱ですが、カナダ在住のれっきとしたギター講師の方。

フィンガースタイルを得意とする方で、動画もフィンガースタイルの解説が多い。
メールマガジン形式でフィンガースタイルの無料レッスンをされているので、興味のある方は是非。

ただ、親指でベース音を一定間隔で弾きつつメロディーを残りの指で弾くというスタイルで、親指とその他の指を別のテンポで弾くと言う所で私は挫折してしまいました、、、

それでも動画で参考になるところは多く、また、軽妙な語り口が面白く、今でも師と仰いでいます。

配信ペースは不定期ですが、最近段々とペースが早くなっています。




四人目は瀧澤さん。

この方も神奈川県橋本にあるアフタービートミュージックスクールと言う所のギター講師の方。
なんと、19歳からここで講師を務めているという方。
単にギターが弾けるだけでなく、高校時代に音楽理論を独学で学んでいるというしっかりとした土台をお持ちの方。

この方はエレキギターもアコースティックギターも弾きこなす方で、動画でも両方が出てくる。

テクニックの解説や練習方法。
時に音楽理論的な事も解説してくださる。

実に楽しそうにギターを弾く方。

三人目に紹介した大森ごうすけさんにも注目されている方。

配信は不定期ながらも週に2、3本くらいのペースで配信している。

登録者数は10万人を超えており、10万人を超えるとYouTubeからもらえるという銀の再生ボタンが最近の動画には写りこんでいる。




以上四名。
もしよかったらあなたも登録してください。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

あくうn
2020年02月26日 21:15
あくうn
2020年02月26日 21:15
ぴったり一緒ですw
shige
2020年02月27日 01:35
あくうnさん、ぴったり一緒とはすごい。
兄弟弟子ですね。w
最近はRickyさんという方の動画もよく見ています。

この記事へのトラックバック