FiiO X3 2nd generation 再試聴

時間が有ったので、FiiO X3 2nd generation を再試聴。





amazonのレビューで、音がとぎれとぎれになって使い物にならないというのが有ったので、今回はハイレゾ音源を持って行った。
でも、SDカードがクラスも分からない、ケータイのオマケかなんかの奴で、性能が怪しい。

それでも、192/24とDSD2.8がちゃんと再生されていました。
その方はたまたま不良品を引いてしまったのでしょうね。

で、肝心の音ですが、なんか、改めて聴いてみると、低音が強すぎるのか、ちょっともこもこした音と言う印象。

更に、某雑誌の付録で、同じ音源をさまざまなサンプリング周波数、サンプリング深度で録音したものを持って行ったのですが、うーん、私の貧耳にはみんな同じに聞こえてしまう、、、
うーん、無理にハイレゾに移行しなくても良いかなと思ってしまった、、、


ついでに、イヤホンも試聴。

SHUREのSE425。
バランスドアーマチュア(BA)×2のイヤホン。
スッキリとしたやや硬めの音がする。





同じくSHUREのSE535も聴いてみる。
こちらはBA型ドライバが3つ。
やはり、425よりも深みのある音がするが、スッキリ感、硬さ感は相変わらず。
いかにもSHUREらしい音。





そして、私のと同じSE215 SPE-Aを聴いてみる。
ああ、やわらかくて温かみのある音。
SHUREらしくはないかもしれないけど、私にはこっちが合ってるわ、、、





にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック