FiiO X3 2nd Generation欲しい

先日も書きましたが、Every Little Thingもハイレゾ音源を出し始めたので、ハイレゾ環境を揃えたくなってきた。

アップルはあまりやる気なさそうなので、ソニーのウォークマンか。

理想的には





これですが、まぁ、高いわなぁ、、、

Fシリーズが無くなっちゃったので、その下はAシリーズなわけですが、、





これはDSDが再生できないようなんですよね。

まぁ、今のところ、ELTからは96kHz/24bitの音源しか出ていないので、十分なスペックなわけですが、せっかくなら、192kHz/24bit、DSD 5.6MHzまで対応したものが欲しいですね。

と言うところで目に留まったのがFiiO X3 2nd Generation





192kHz/24bit(96kHz/32bit)、DSD 5.6MHzまで対応。
機能的には満点。
DACも良いものを使っているようだし。

まだ、音を聞いたことは無いのですが、今もFiiOのアンプ使ってるし。





たぶん気に入るだろうな。
外観的にもこのガンメタなシルバーは好き。

これで3万円前後の実売価格はなかなかじゃないですか。
しかも、PCにつないでUSB DACにもなるって、、、
欲しい。欲しいよ。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ゲンタロウ
2015年06月11日 04:42
ハイレゾ音源にもいろんなスペックがあるんですね@@!)
さすがはハイテク国家日本やわ。

アップルの動向をみてもお分かりのように、こちらではハイレゾ音源は話題にすらなっていません。

つーか、ぼくだけ?

いやいや、一部のハイテク好きの人の事は分かりませんが、一般庶民は、その存在すら聞いた事無い人ばかりです。
2015年06月11日 05:08
まぁ、日本でもCD以下のMP3配信で満足している人もいますから、どっちもどっちなんでしょうなぁ。

イヤホンには割と昔から凝っては居たのですが、それが高じてハイレゾにまで手を出すことになってしまいました。

日本でも私は少数派だと思いますよ。

この記事へのトラックバック