スチームクリーナ買った。(ケルヒャー SC JTK 10)

妻がジャパネットたかたに電話しちゃいそうなほど、スチームクリーナーが欲しいという事なので買っちゃいました。

画像


ノズル部分は、外やトイレとキッチンを共用にしたくないよねと言うことで、オプションを購入。

画像


さて、開封の儀

画像


中身はこんな感じ。

画像


キャスターとホイールをつけます。

画像


画像


水温を130℃くらいまで上げる、いわば圧力釜が入っているわけですから、重たいのかなと思ったら、意外に軽かったです。

その、お釜の蓋を取るとこんな感じ。

画像


そこへ、水を注ぎます。(最大1L)

画像


かっこつけてガラス製の計量カップなんて使いましたが、やかんで入れた方が手っ取り早いですね。

ふたをしっかり閉めて、スイッチオーーン。

画像


やがてぐつぐつと音がして、2,3分すると右のランプが消えます。

画像


さて、噴霧開始。

画像


最初、なんか、白っぽい液体が噴出してきます。
しかも、臭い、、なんか樹脂系の匂いがします。

先に窯をゆすいだ方が良かったかも。

最初に使う時とか、1,2分おいて噴霧を再開する時とかには結露した水が噴き出すので、作業開始時にぞうきんに向けて噴霧した方が良いです。

さてさて、その威力のほどはどうでしょうか。

画像


シンクの水垢はどうでしょうか。

画像


今一ですねぇ。

画像


蛇口の所とか。

画像


まぁ、少しは良いかな。

画像


換気扇付近の油汚れは?

画像


もっとしっかり吹き付ければいいのかもしれませんが、ちょっと吹き付けたくらいではあまり落ちないですね。

画像


IHクッキングヒーターの排熱口の油汚れ。

画像


これは結構落ちますね。

画像


グリルを取ったところ。

画像


おお、きれいになります。

画像


洗面所のこの穴。

画像


おお、きれいになりましたよ。

水垢系はだめですね。
油汚れ系に効くようです。



で、ちょっとやってみたいことが、、、


画像


自転車のリム掃除。

画像


うーん全然落ちん。

ってか、リムの放熱性が良すぎて、全然温まらない感じですね。

あと、クルマのホイールもちょっと期待しているのですが、それはまた今度。


一度お湯を沸かすと、コンセントを抜いても蒸気は出ます。
なので、コンセントが届かないところも掃除ができます。

ただ、当然、使っているうちに圧力は落ちてきますし、お湯が冷めてくるので、時々コンセントにさして沸かし直さないと蒸気がどんどん水っぽくなってきます。

あと、グリップを握ると蒸気が噴出する仕組みなのですが、一応安全装置は有ります。

画像


この黄色いスイッチみたいなのでロックをかけられるのですが、スイッチが結構硬いので、グリップを持った手の親指でカチッととはいかないので、ちょっと面倒。
かといって、安全装置をかけないで噴霧したところを拭いていたりすると、うっかり拭いている手に噴霧してしまいそうで怖いです。


正直、期待し過ぎていた部分が有って、案外用途が狭いなぁと思ってしまったのですが、これからも色々使ってみたいと思います。


KARCHER スチームクリーナー SC1202
Karcher(ケルヒャー)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by KARCHER スチームクリーナー SC1202 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック