姉の家に行ってきました。

姉一家の家にお呼ばれして行ってきました。

お昼にお寿司をごちそうになって。

画像


江戸東京たてもの園と言うところにみんなでお出かけ。

画像


目的は二つ。

一つ目は「ジブリの立体建造物展」の見学。

ジブリ作品の設定画や背景画。登場する建物の模型などが展示されていました。
写真は無いのですが、まず、背景画や一部有ったセル画などのレゾリューションの高さにびっくり。
まぁ、当たり前っちゃあ当たり前なんですが、地上波TVと言えども有限な数の画素で見ているものが、アナログな、ある意味無限の解像度で見られるのでその精緻さに驚きました。

まぁ、いまどきはセル画や、もしかしたら背景画もコンピュータで描いているでしょうから、無限の解像度と言うことは無いですが、少なくともご家庭のTVよりははるかに解像度高いですから。

あと、解説文を読むと、昭和初期の時代設定でも医院は洋風の建物が多いとか、物語の時代設定より建物の設定を少し古くした方が印象的になるとか、そんなところまで調べたり考えたりして劇中に出てくる建物の設定を考えているんだなぁと感心しました。

そして、目的の二つ目。
甥っ子が最近ベーゴマにハマっているらしいのですが、ベーゴマオジサンがいるという広場へ。

画像


画像


ベーゴマは私よりもうちょっと上の世代の遊びと言うイメージで、私は普通のコマは回せるのですが、ベーゴマは子供の頃やったことが無いのですよ。
息子と何かのイベントで紐の巻き方を教わって、1回くらいまぐれで回したことが有るくらい。
息子は一度も自分でまいたことも回したことも有りません。

でも、初心者に対しては、自分でまいて、自分で回せたらベーゴマくれるというおじさんがいて、ベーゴマ欲しさに何事に関してもうまくできないことはすぐ放り出す息子が珍しく粘っていました。

おじさんに巻いてもらったコマを数回に一回くらいの確率で回せるようにはなってきたのですが、紐を巻くことができません。
私もアドバイスしつつ、1時間位かけて、どうにか紐を巻けるようになっておじさんの前で挑戦するのですが、結局回せず閉園時刻。

おじさんからはコマをもらえませんでしたが、甥っ子から弱いコマをいくつか払い下げてもらいました。

コマをくれるおじさんはいつでもいるわけではないので、ベーゴマやってるおじさんがいてもみんながみんなくれるわけではないのでお気を付けください。

画像


画像


さて、帰りますか。

画像


画像


姉の家に帰ったら夕飯後にオセロ。

画像


そのた、トランプやドミノを楽しんで10時過ぎに退散しました。

今日も一杯楽しませていただきました。
姉一家に感謝。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック