ギター日記(つゆのあとさきの弦交換時期)

最近アルペジオの練習をメインにやっていたので、たまにはストロークでジャンジャカ弾きたくなった。
得意なのはさだまさしの「まほろば」なのですが、マイナーコードが多くて気分が滅入るので、メジャーコードの多い曲を探す。

と言うことで同じくさだまさしの「つゆのあとさき」を選択。

比較的押さえるのが簡単なコードで出来ているので、コードチェンジであまりもたつくことなく弾けるので気持ちいい。

しかも、このコード進行の美しさはなんだ、、

「めぐり逢う時は 花びらの中」
のところのEm→Emmaj7
とか

「梅雨のあとさきの」
のD→Dmaj7→D6→Dmaj7
とか、脳から快楽物質がドバドバと出てくる音がしそうだ。

今度からスカッとしたいときはこれを弾こう。





さて、次に弦交換の話題ですが。
実は今張ってある弦は2年物。

2年くらい前からちょっとギターをお休みしていたのですが、その休眠直前ぐらいに





この弦を張ったままだったのでした。

そう、コーティング弦なので錆びないのでこのままでいいかと、ここ2,3か月弾いていたのでした。

まぁ、ギター再開時点をスタートとして、2,3か月も弾けばコーティング弦といえども寿命のような気もしますが、一日に1時間程度しか弾かない演奏頻度なのでどうなのかと、、、

音的にもピックでオープンコードをジャラーンと弾くと十分煌びやかな音がしているような気もするし、、、

悩ましいところです。

ただ、サウンドホールあたりが

画像


こんな風にコーティングがはがれてきて毛羽立ってきたりしているので替え時かなぁとも思ったり。

フレットも錆びて来たので磨きたいしと言うことで。


FERNANDES 946 Scratch Mender
FERNANDES

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FERNANDES 946 Scratch Mender の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



こんなの買ってあるし、、、

もうちょっと悩みます、、(笑)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック