掃除機買った。

これまで、某有名メーカーのスティック型掃除機を使っていましたが、妻が「重い」とか「コードが邪魔」とかで買い替えたがっていた。
ダイソンが良いとか言うが、私が「うるさい」とか「重い」とか反対していたら、今度はマキタ製の掃除機が良いと言い出した。

マキタとは電動工具のその筋では有名なメーカーで、業務用の掃除機なども作っている。
ビルの掃除のおじさんおばさんが使っているのもたいていマキタ製だ。

妻はトイレ掃除のおばさんにまで話を聞いてきてだいぶその気の様子。

でもなぁ、やっぱり、本来業務用なだけに、家庭で使うには使い勝手どうなのかなぁ

と思っているところで掃除機が壊れた、、、

という事で、昨日は電気屋に行ってほかのメーカーの物も見てみるのだが、どうもこれというものがない。
まぁ、3,4万円以上出せば良いものもあるのだが、床の掃除は主にダスキンのモップでやっていて、それを吸い取るのと、階段の掃除に使うくらいの用途なので、今回の予算は1万数千円程度なのだ。

という事で、結局マキタで良いか、、

という事でアマゾンで購入。

CL100DWという機種。

画像


これまで使っていた掃除機と比べるとこんな感じ。

画像


意外に小さい。

箱を開けると

画像


画像


右の緑色の箱が充電器。

ごつい、、

充電するときは電池を本体から抜いてこの充電器にさすことになりますが、電池の抜き差しはふたもなく簡単にできます。

組み立てます。

画像


さて、掃除してみますか。

軽いです。

ブラシが小さいので、広い面を掃除するのには向いていない感じですが、うちの用途には十分でしょう。

さて、どれくらいゴミがたまったかな。

本体のここを

画像


ひねると

画像


本体が二つに分かれてゴミを捨てられます。

中はこんな構造

画像


砂埃や大きなゴミは左側に入りますが、綿ぼこりや髪の毛は右側のフィルター部分に絡み付いてきます。
なので、ちょっと埃を取り除くのが面倒。

しまった、紙パック式のCL102DWにすべきだったかとも思ったのですが、紙パックが良い値段するんですよ、、

という事で、ここは良しとしましょう。

紙パック式のCL102DWとカプセル式のCL100DWの違いはもう一つ。
電源スイッチが、CL100DWの方はトリガー状になっていて、握っている間だけ電源が入る仕組み。
なので、広い面を掃除するにはずっとスイッチを握っていなければいけないので、ちょっと不便かもしれませんが、ちょこちょこ掃除するには、電源の入切が簡単で、省エネになるかも。

で、軽いので子供にも扱える。
そんなこともあり、新しいものが目新しいこともあり、息子もひとしきり掃除してくれました。


マキタ 10.8V充電式クリーナー CL100DW
マキタ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マキタ 10.8V充電式クリーナー CL100DW の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

やんぼー
2014年03月26日 18:02
めんどうくさがりの我が家はルンバに頼りきってます。

スケジュール機能付きの機種なので、家族が仕事や学校に行っている間に掃除してくれています。うっかり床にコードを置きっぱなしにしていると巻き込んでしまって途中で止まってしまうのですが、巧みに動いてイスの下などもきれいにしてくれます。

最初は1台だけだったのですが、あまりの便利さにもう1台買い足してしまいました。
2014年03月27日 03:36
やんぼーさんこんにちは。

ルンバですかぁ。
姉の家にルンバがあり、動いているところを見たことがあるのですが、一見ランダムに動くので、おお、そこまだ掃除してないぞとか見ているとイライラしちゃうんですよ、、

ま、見ている必要もなく、やんぼーさんみたいに留守中に掃除させればいいんでしょうけど、、

あと、ルンバはルンバのために部屋を片付けたくなるという効果があるそうですね。(^^)

この記事へのトラックバック