棚からポタアン 完結編?

2014/1/5追記。

「E12」というキーワードでこちらのページに来る方が多いようですが、この記事はE11を購入時の記事です。
この後E12を購入しています。
E12の感想はこちら
こちらも合わせてお読みください。

追記終わり。


棚からポタアン」ではiPod直差しと違いが判らんと書いておきながら、「棚からポタアン2」ではFiioのE12が気になった。
そうなると、iPod直差しの音が、なんだか力のないスカスカな音に聞こえて仕方がない。
となると、いてもたっても居られなくなるのが私の性分なのか、金曜日の会社帰りに秋葉原に寄る。

改めて、いろいろと聴き比べてみると、私にとってはわずかな違いではあるものの、確かに変わることがわかってきた。
概していうと低音が良く出る傾向にあるようだ。

「棚からポタアン」で違いが判らなかった


FOSTEX ポータブルヘッドホンアンプDAC HP-P1
FOSTEX
2011-02-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FOSTEX ポータブルヘッドホンアンプDAC HP-P1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これにデジタル接続をしてみると、それだけではなく、TVに例えると、黒がちゃんと黒とでもいおうか、無音がちゃんと無音で沈み込んでいる感じがする。


SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1
ソニー
2012-10-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これは、きれいな音だが、iPod直差しと大差がない感じがする。いい意味で音がフラットなのだ。

いやぁ、値段なりだなぁ。

でも、FOSTEXのは5万円近くするからなぁ、、さすがに手が出ない。
これを買うなら





これをiPod直差しの方が満足感が高いかもしれない。

で、「棚からポタアン2」で気になった





に戻ってくる。
直差しよりは低音が強調されている感じはするが、これもフラットな感じの音。
BASSブーストのオンとオフがあるが、オンにするとちょっと低音が出すぎでもこもこした音になってしまう。

本体の質感とか良いし、アンプも良い石を使っているらしいのですがねぇ。

念のため


Fiio ポータブル・ヘッドホンアンプ Fiio E11
Fiio
2011-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Fiio ポータブル・ヘッドホンアンプ Fiio E11 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



も、聴いてみる。
前回、これを聴いてみようと思ったのだが、動作しなかった。
しかし、この一週間いろいろ調べてみてわかった。
USBケーブルで充電中は使えないのだそうだ。

という事で、iPodをつないで、充電ケーブルを外して再生すると。
おお、聞こえた聞こえた。

これは3段階のイコライザ機能が付いている。
0にするとE12同様フラットな感じだが、1にするとほんのわずか低音が上がる。2にすると明らかに低音が上がってくる。

この、イコライザ1の音が気に入ってしまった。
程よい低音で力強さが増している。
求めていた音に近いと言っていいだろう。

でも、このE11の上位機種E12が出てしまってこれを買うのも、、、と逡巡。

かれこれ、1時間近く、あっちを聴いてはこっちを聴き、いっそイヤフォンを変えた方が良いんじゃないかと、ほかのイヤフォンを聴きに行ったり。

結局E11を買う事にしました。
値段的にもイヤフォン一本分くらいだし。

さて、せっかくならiPodのドックコネクタからラインアウトを出して聴きたい。
しかし、どうもFiioの純正ケーブルは売り切れの様子。
2000円くらいのちょっと良さげなケーブルはあるのだが、、、

という事で、店員に訊いてみると、、、

「ああ、これが良いですよ。」
と鍵のかかったガラスケースの中のケーブルを指さす。

え、幾らよ。
なに、4千円!?

ちょっとまて、ポタアンの半分くらいの値段じゃないか、、、

「アンプはなんですか?」
と言うので、E11を買うつもりであることを告げると、納得したようにうなづく。
E11に釣り合ったケーブルという事なのだろう、、

「あの、あっちに2000円くらいのケーブルありますけど、あっちはどうなんです?」
と一応抵抗を試みるが、
「あんまり、、、、、せっかくならこれくらいのを使われた方が、、」

うむ、自転車に例えれば、
最低15万円用意して、10万円で車体買って、5万円で用具を買えみたいな話だろうか、、

「じゃ、じゃぁ、思い切って、これで、、、」

という事で

画像


買ってきましたよ。

画像


箱(缶?)を開けると説明書と本体

画像


画像


本体の梱包材の裏に付属品が収められている。

ゴムバンド2本、プレイヤーとの接続ケーブル、充電用のUSBケーブル。
下にある黒い帯はプレイヤーと重ねるときの擦れ防止のゴム足のようだ。

画像


本体側面。
イコライザ切り替えスイッチとゲイン切り替えスイッチ。

画像


充電用USB端子。

画像


音声入出力ジャックとボリュームつまみ。

画像


さて、聴いてみますか。

最初からドックコネクタ接続にしてみると、店でイヤフォン端子から接続してみたのと変わらないように感じたのだが、いざ家の静かなところで聴き比べてみると、やはり、音の元気さが違う気がする。
もちろん、ドックコネクタ接続の方が良い。
4000円のケーブルの効果か。(^^;

ラインアウト接続で一つ期待していたのは、ELTファンのiPodユーザーにしかわからない表現で申し訳ないが、「恋をしている」のさびの部分で音が割れるのが解消されるかと思ったのだが、あまり解消されていなかった。
うーん、DACの問題なのか、、、

でも、全体に期待した通りの力のある音になって満足。
しばらく聴いているうちに、この音に慣れてきてしまって、あれ、今までと変わんない?とか思い始めるが、改めて、iPod直差しで聴いてみると、やはり力のないスカスカの音に聞こえてしまい、やっぱり効果が有るんだと安心する。

そんなわけで、劇的に変わるというほどではないけど、今までの音に下駄をはかせることには成功したという感じです。

まぁ、そもそもポタアンなんて言うものは、ポータブルプレイヤーのアンプでは力不足な大型のヘッドフォンを駆動するためのパワーブースター的なところから始まったと思うので、プレイヤーのアンプがよっぽどしょぼくない限り劇的に変わるというものではないのかもしれませんね。

でもまぁ、ケーブルは別として8000円弱でこれだけ改善できれば良いかな。
万単位はちょっとかけられないかも、、、


そうそう、そのケーブルですが、長さが2種類あるという事でしたが、こういうものは短い方が良いだろうと思って短い方にしたのですが、長いほうが良かったかも、、

iPodとE11を重ねると

画像


こんな感じに浮いてしまうんですよ。
無理に重ねるとケーブルが傷みそうだし、、

あと、E11は上にも書いたように充電しながらは使えません。
なので、ヘビーユーザーはいつ充電するの?と悩むかもしれません。

この記事へのコメント

ゲンタロウ
2013年07月09日 02:54
もっぱら、朝夕の車の中での通勤が音楽鑑賞時間なので、ポタアンまで考えた事がありません^^;)
最近、iPhone5に変えたのですが、このイヤホンは前のものから相当改善されていると思います。(ただ、形状が変わって耳の奥まで届くようになっただけかもしれないですが^^;)
2013年07月09日 04:05
私の音楽鑑賞時間は寝る前の布団の中がメインかも、、
だから、いいオーディオセットでもなく、良いヘッドフォンでもなく(ヘッドフォンしていると寝返りうてない、、)ポタアンにイヤフォンとなってしまうのですね、、

iPhoneのイヤフォン確かに、結構改良されているらしいですね。

この記事へのトラックバック