音楽感想(ありがとうはそのためにある)

このブログのお客さんはほとんどが自転車乗りの方、その次が車関係という感じと思いますが、ここで敢えて音楽ネタ。
というか、Every Little Thingネタ。

ネタ切れのときに、私の好きな曲の紹介でもしていこうかと思います。
あまり、その曲が人気があるとかないとか気にしないで自分の基準で聴いているもので、その曲が良いのはみんな知ってるよと言う曲も有れば、隠れた名曲、なにそれ、、と言うようなものもありますが、マイペースな私らしくお構いなしに紹介していきます。

そんなシリーズの第一回は「ありがとうはそのためにある」

最近の一番のお気に入りは「Landscape」なのですが、すでにこちらの記事で紹介済みなので、、、

この曲は15周年記念アルバムともいえる「ORDINARY」に収録されている曲です。

ファンや支えてくれた周りの人々に対する感謝を込めた歌だと私は解釈しています。

「『あなたのその歌は、誰かの心となり
 今でもずっと届いている』と
 言ってくれたこと」

まさにそうですよ。
誰のセリフを引用したのかわかりませんが、ファンはみんなそう思っていると思います。

「そんな風にして人々は
 きっと
 誰かに支えられて
 生き抜いてゆくこと
 知るのだろう」

これはもっちーだけでない、我々もそうなのだろう

「ありがとうは
 そのためにある」

感謝を忘れずに生きて行こう。
そういう事でしょう。

「自信なくした時
 あなたがくれたものは
 心の深い深い奥底に
 根強く咲いている」

きっと声が出なくなった時期に支えてくれた人々への
感謝が込められているのでしょう。

一時期のめり込みすぎでは、と報道されていた
トータルコーディネーターの事も含んでいるのかもしれません。
トータルコーディネーターなる者の実態を知りませんから、その人との関係が良いとも悪いとも言及はしませんが、ふと思うのは、報道されているように怪しげな存在であるとしたら、本来支えるべきは我々ファンだったのではないか。
我々ファンの支えが足りないからそういう人を支えにしてしまうのではないか。

そう思うと実に悔しく、情けない思いにかられるのです。

でも、以前、「もちだより」というもっちーのエッセイ集を読みましたが、トータルコーディネーターと言う人、そう怪しげな人とも思えなかったので、私はこの件は静観しています。

ドライな言い方をすれば、もっちーがちゃんと仕事をしてくれていれば、どういう人と付き合いが有ろうとあまり関係ないというか、、そんな感じです。

あ、こんな風に思っているから駄目なのかな、、

ま、話が変な方向にいってしましましたが、メロディー含め、この曲は大好きです。


ORDINARY
avex trax
2011-09-21
Every Little Thing

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ORDINARY の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

ゲンタロウ
2013年06月01日 04:51
このブログのマイノリティな客、ゲンタロウです(笑)

この曲を最初に聴いた時、そのストレートさに驚きました。タイトルといい、歌詞の内容といい、メロディーラインといい、アレンジといい、何のヒネリも工夫も裏のない、超ベタな曲(笑)

だから、余計なものを全部排除して「ありがとう」が直球で、ズドーンと、聴いている人、特にずっと見守ってきたファンに届くのです。もっち~らしいやり方ですよね。

「ファンの支えが足りなかった」 その観点は思った事もありませんでした。そうですね。そうかもしれません。
2013年06月01日 05:16
ゲンタロウさん、おはようございます。
あ、そちらはこんにちはですかね。
先日の、ELTの曲だけで結婚式をやったらみたいな記事で、ELTファンのお客さんも少し増えてきたもので、、、(^^)

この記事をかいてから、ゲンタロウさんの曲評を見つけました。
この曲のレビューはできませんということばに、あ、そうかも、、とも思いました。
私はメタメタにメスを入れてしまいましたよ。

でも、ほんと、良い曲ですね。

この記事へのトラックバック