エレキ系の人って、、、

自転車関係の知り合いのロイさん。
ベーシストでもあって、フレットレスベースなるものを好んでお弾きになるようです。

フレットレスっていうくらいだから、指板にフレットが無くてつるつるなんだろうなぁ、、バイオリンとかみたいに。
でも、何でわざわざフレット無いんだろう、、何が良いんだろうと調べてみる。
こういう時はWikipediaが役に立つ。

フレットレスベース

ふむふむ、「左右の指の使い方で多様な音色を弾き分けられる」と言うあたりが利点なのかな?
逆に、そこが難しいところとも思えるが、、

え、、?!

「70年代後半あたりから多く使用されるようになり、ジャコ・パストリアスがフレットを抜きその跡に船舶用のエポキシ樹脂を詰め込んで塗り改造したフェンダー社のジャズベースを用いて技術を確立した。」

市販のジャズベースからフレット抜いて、樹脂を詰め込んだ?

なんて、乱暴な、、、、

アコースティック系の人だったら絶対やらんよな、、、
最初からフレットのないものを特注で作るか、市販の楽器を加工するにしても、樹脂を詰め込むなんてことはしないと思う。
指板と同じ種類の木を削って地道に穴を埋めていくだろう、、、

なんせ、アコースティックギタリストは、弾き込むと音がよくなると言って一生懸命育てるように弾いて、湿度管理に気を遣いながら、高級ワインを寝かせるがごとく扱う人種。

弦交換の時も、ブリッジピンをばらばらにしないで、順番通りに並べておいて、順番通りに戻してやると、ピンが音を記憶して良い音になるとか、電波系か、、、と思ってしまうようなことをまことしやかに話す人たちなのだ、、、

正直、私は「弾き込むと、、」とかは疑っている方だが、これでもアコースティックギタリストの端くれ。
なんか、カルチャーショックを受けてしまった、、

この記事へのコメント

ロイ
2011年08月09日 06:11
私の話題ですか。
ジヤコパスが改造してフレットレスにしたのは、当時そういったものがなかっただけのことです。最初からフレットレスにするなら、フレットや指板上のポジション・マークは打たず、フレットに相当する場所にサイドのポジション・マークをつけます。
ジヤコパスの影響もあり、フュージョン系の人は指板にエポキシを塗りますが、私は感触も嫌いだし、耐久性も劣るのでやってません。エボニーなら十分つるつるです。
ちなみにフレットレス・ギターってのもありますよ。いかがでしょう?
http://jes1988.com/godin/acoustic/limited.html#mnf
2011年08月09日 07:20
>ジヤコパスが改造してフレットレスにしたのは、当時そういったものがなかっただけのことです。

いやいや、そうなんでしょうけど、やり方が豪快だなぁと思った次第です。

フレットレスギターですか、、
普通のギターもなかなか弾きこなせないでいるので、将来の、、、もしかしたら来世の宿題といたします。(^^;
mstarr53
2011年08月11日 18:32
こんにちわ。

フレットレスを弾くのは憧れですね~
たいして弾けませんがフェンダーのプレべというのを
持ってます。
ベースは最近、まったく弾かなくなってしまってますが。。。

そういえばエレキギターですが私の使ってるような
セミアコタイプだとアンプなしでも結構、生音鳴りますし、
アンプ繋いでもエレキの音を楽しめますよ。
私はもっぱらエレキ派ですが気軽に弾きたいときはアンプ
繋ぐのが面倒なので、なしで弾いてます。
2011年08月11日 22:48
mstarr53さん、初めまして。
ほー、フェンダーのベースをお持ちで、、

エレキが欲しいのは、エレキならではの音が欲しいのもあるのですが、サイレントギター代わりにしたいというのもあるのですよ。
なので、エレアコにしてしまうと意味が無かったりします、、

ぜひまた、覗きに来てください。

この記事へのトラックバック