F1の今後

先日Hondaの撤退と言う衝撃的なニュースが発表されましたが、その、Hondaに居たバトンが、トロロッソのテストに参加する可能性があるとか、、

バトン トロロッソのテストに参加か

ええ、琢磨のライバル現る?

まぁ、チームがどこかに買われても、バトンがそのまま走れるとは限らないものねぇ。
(お前、高すぎるから駄目とか言われるかもしれないし、買収先がドライバー抱えてるかもしれないし。)

でも、、トロロッソでバトン、琢磨コンビが復活したら面白いなぁ、、、(^^)
まぁ、トロロッソは新人+ベテランというコンビを想定しているようだからなさそうだけど、、

でも、そうなったらトロロッソ応援しちゃうよ。



以前からF1のコストダウンを主張して、色々変なレギュレーションを作っているFIAですが、今回のHondaの撤退がなんかそれに利用されているようで嫌だなぁ。

エクレストン 「ホンダの撤退はF1への警鐘」

その、コストダウンの一つとして、みんな同じエンジンで走りましょうという話がある。
これって、最初、ECUを統一くらいの話かと思ったら、基本的にワンメイクエンジンにしましょうって話なのね。

F1標準エンジンはコスワースが供給へ

なんかなぁ、これじゃインディーカーみたいだ。
各チームが技術を競い、粋を尽くした車が走るのがF1じゃないのか?
FIAとしちゃ、金が掛かりすぎるって、次々にチームが撤退して行ったら困るからこんなことやってるんだろうけど、F1本来の魅力までそぎ落としちゃ駄目だろう。


さぁ、来年はどうなるかねぇ。
ベッテルみたいな、後半めきめき結果を出してきた楽しみなドライバーも居るし、トロロッソのドライバーは誰になるのかとか、ハミルトン vs マッサはどうなるのかとか、色々楽しみはあります。
Hondaの撤退は本当に残念だけど、それなりに楽しめそうかな。



トロロッソ プーマ 2008 STR ロックキャット
ミニカーとF1の店FORZA
■プーマとスクーデリアトロロッソがコラボレートした、斬新で、モータースポーツ界に新風を吹き込むシュー


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック