2008年 F1グランプリ

ここには2008年F1グランプリ最終戦の結果を含む内容が書かれています。

まだ、結果を知りたくない方は読まれないことをお勧めします。



ネタばれ注意

ネタばれ注意

ネタばれ注意

ネタばれ注意

ネタばれ注意

ネタばれ注意






さて、ハミルトンとマッサのワールドチャンピオン争いを持ち越した今年の最終戦ブラジルGP
F1デビュー当初から一部から不評を買っていたハミルトンですが、私は彼の才能にほれ込んで、去年まではハミルトン擁護派でした、、、

しかし、アロンソを追い出した今年はどうも、走り方が汚い。

オーバーテイクの際には強引にノーズをねじ込んで、相手を押し出してまったく相手のラインを残さすに抜くようなシーンが多く、そんな走り方をしておいて 俺って速いだろ 的な発言をする始末。
正直幻滅しました。
なので、後半はポイントを競っているマッサを応援することが多くなりました。

今日の最終戦ももちろんマッサを応援。

もう、今日は画面から目を離せなかったですよ。

レース経過は省略しますが、結果は予選結果から私が予想した通りマッサの優勝ではありましたが、7ポイント差をつけられずワールドチャンピオンはハミルトンへ、、、

そのマッサ、それでもウィニングラン中に涙声でピットクルーに感謝の意を述べるチームラジオには思わずもらい泣きしそうでした。
ポディウムでも、悔しさを押し殺してファンに感謝する姿。
気丈にインタビューを受ける姿。
思わず抱きしめてやりたくなりましたよ。

マッサ、来年も、来年こそ頑張ろうな。

え、ライコネン。
そう、ライコネンもそんな順位に甘んじるべきドライバーではないんだから頑張れ。


え、Honda?



ああ、来年もフォースインディアと張り合ってるようだったら、そろそろ見限るかもよぉ。






その他

ベッテルすごいねぇ。
ハミルトンをオーバーテイクして6位に引きずり降ろしたところなんかまさしくGood job!!
だったけど、、、、

グロックぅ、、、、、


折角スペシャルカラーのマシンとスーツを用意したのに引退レースをコーナー2つで終わらせたクルサード、、、かわいそう過ぎる、、、
まぁ、自分のミスっぽかったけどね。
あのコーナーは下りでRもキツイから気をつけなきゃいけないのに、、
(クルサードの単独ミスではなく、接触が原因とのこと。また、車が止まったのはターン2ですが、接触があったのはターン1なので、実質コーナー一つでレースを終えたことになります。  2008年11月4日訂正)

ま、お疲れ様でした。






なんだかんだ言っても、結果は結果。
ハミルトン自身初にして最年少ワールドチャンピオンおめでとう。
これ以上天狗になるなよ。(^^)




さてさて、ストーブリーグも楽しみですね。
レッドブル系はデビクルが抜けてベッテルがレッドブル移籍で、トロロッソはドライバーを一新。
その候補の一人に佐藤琢磨が入っているというし。
(一人は新人、一人は新人をサポートできるベテランを考えているとか、、琢磨はぴったりじゃないですか。)
Hondaもバリチェロの去就がまだ確定していないとか。
今度はライコネンが来たりして、、、(^^; (フェラーリのお下がりつながり)




この記事へのコメント

ジムヤン
2008年11月04日 00:20
あ、今ビデオでハミルトンがベッテルに抜かれましたwwwって、、結果みちゃったwww
HONDA・・なんなんでしょうね・・これなら出ない方がイメージいいと思うっっす・・
2008年11月04日 22:34
生で見ておいて良かったですよ。
翌朝、PC立ち上げてIE開いたら、トップページにしているWebページのニュース欄に、「ハミルトン最年少王者」って書いてありました。(^^;
危ない危ない、、

Hondaはシーズン早々に今年は諦めて来年に向けて車の開発を始めたらしいですから、まぁ、しょうがないといえばしょうがないのですが、そこまでして来年も結果出せなかったら、確かに逆にイメージ落としますよね。
せめてトヨタより上に来てほしいですよ。

この記事へのトラックバック