今日の夕飯(鶏肉のトマトソース煮込み)

私の料理は完全我流なので、ちゃんと名前のあるような料理は作れません。(材料や作り方をちゃんと知りません。)
なので、いつも何かに似た創作料理となることが多いです。

今日は食品庫で目に付いたトマト缶からイメージを膨らませていきました。
用意した材料は以下の通り。


  • トマト缶
  • パプリカ
  • 茄子
  • 鶏肉
  • にんにく一かけ
  • コンソメ
  • 塩少々


要は、鶏肉とパプリカとナスを適当な大きさに切って、トマトソースで煮込んだものというイメージ。
トマト缶一つからそこまでイメージが一気に膨らむ私って時々天才かと思いますね。(^^;


  1. 鶏肉は食べやすい大きさにきっておき、塩を振って、カレー粉をまぶす。
  2. 油を引いた厚手の鍋で中火でにんにくのみじん切りを炒める。
  3. 鶏肉を入れて強火にして外側の色が変わるくらいまでいためる。早めに外側に火を入れて、おいしさを閉じ込めるという意味があるつもり。
  4. パプリカとナスを入れて少しいためる。
  5. トマト缶を入れる。コンソメも入れる。
  6. 味見をしながら塩で味を調整。ちょっとトマトの酸味が強すぎたので隠し味程度にソースをひとたらし、ふたたらし。
  7. そろそろ食べごろを過ぎてきたプチトマトを冷蔵庫で発見したのでついでに投入。  あ、あまってた水菜も入れようと思ってたのに忘れた、、、


画像


これにあわせるスープはポトフ風


  1. にんじんとジャガイモを1.5cm角程度に切って、1cm幅くらいに切ったベーコンと鍋に入れて水入れて沸かしてコンソメ入れて塩で味調整しておわり


妻が料理を見て、「ラタトゥーユみたいな奴?」

ああ、そうとも言いますね、、、(^^;

ご飯にかけて食べていたのですが、ひろたんは気に入ってくれたようで、珍しくご飯を真っ先に全部食べてました。


ラタトゥーユといえば↓これですかね、、ひろたんと映画館で見ました。
しかし、料理評論家に出したあの料理、、とてもネズミが狙って発想出来ることじゃない、、、偶然だろ、、(^^;


レミーのおいしいレストラン
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2007-11-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック