ひろたんシリーズ(昼寝の功罪)

ひろたんは最近、夜なかなか寝ない。

寝かしつけるのをおかあさんに任せて居間で遊んでいると、ひろたんは布団から抜け出してきて


「おとうさん、 なんでねないの?」


とか言って布団に引っ張っていかれるのでやむなく親子そろって布団に入って電気を消すが、もぞもぞごろごろ部屋中を転げ回り、親の上を踏み越えて転がって行ったりした挙句、

むくっと起き上がって


「おかあさん、 なんか ねむれない」


とかのたまう。

いいから、寝てくれぇ

とか思っているといつの間にかお父さんが先に寝てしまうのは日常茶飯事だったりする。


こりゃ、運動が足りんな

と思ったお父さんは日曜日に近くの公園に連れ出し、2時間近く遊ばせた。

もちろん、子供相手に真剣に2時間も遊んでいたらお父さんの方が先に寝てしまうと言う結果は変わらないことは明らかなわけだが、妙になれなれしい人懐っこい性格のひろたんは公園に来ていた面識の無い年上の子供達のグループに勝手に混じって勝手に一緒に遊んでいる気分になっているので、こっちは見張っているだけでよかった。

しかし、ひろたんは、その後車で買い物に出かけたら寝てしまったので、買い物中も車の中で寝かせておいた。




そして、その夜




もぞもそ、、ごろごろ、、
むくっ


「おかあさん、 なんか ねむれない」


ああ、元気になっちゃった、、(C)リゲイン

今度は、昼寝させないぞ

と心に誓って、その日もお父さんが一番に寝たのであった、、、

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック