2005年 F1 第9戦 アメリカGP

同じく忙しくて、
昨日、やっと見ました。



一応、

ネタばれ注意
ネタばれ注意
ネタばれ注意
ネタばれ注意
ネタばれ注意
ネタばれ注意
ネタばれ注意





もうーーーーーー! FIA馬鹿すぎ!!

ドライバーの命を何だと思ってる、、、

スピードが上がりすぎるから、コストがかかりすぎるからと、ルールを変えていったのに、結局はドライバーの命はどうでもいいのですか。

結局FIAは権力と金が欲しいだけですか。

あと、コースに物を投げ込む観客。
別にブリジストン勢が悪いわけじゃない。
まともなレースを見に高い金を払い、人によってはとても苦労して時間を工面して来たのに、こんな物を見せられて腹が立つのはよく分かるが、FIAがドライバーの命を軽視する判断をするからであり、ボイコットを決めたミシュラン勢に石を投げるならまだしも、シューマッハやバリチェロに非は無いでしょう。

そんなわけで、観客には気の毒だが私はミシュラン勢の結束した行動に感動。
やっぱり、新GP発足、行っちゃいますか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック