shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS 都内サイクリング。チューブやらタイヤやらクリートやら。

<<   作成日時 : 2017/06/02 00:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

都内へ用事が有って、電車賃をケチってロード(ラレー カールトンR)で行くことに。

しかし、片道27kmほどの道のりの内わずか5kmほど走ったところでパンク。

日陰の安全なところでチューブ交換開始。

しかし、こいつが初めて扱う、バルブコアが外せるタイプのチューブだった。





そうとは知らず、さくっとチューブ交換して携帯ポンプで空気を入れてホースを外すと、、

画像
(再現映像)


は、バルブが付いてきたんですけど、、、

当然一生懸命入れた空気は破裂音と共に一気に抜けました。

よく見ると、

画像


バルブキャップや、ポンプのホースをねじ込むところが2面平らになっています。
(写真だと分かりづらいですが。)

しかし、この幅は4mmほど。
そんなスパナ持ち歩いてないし、家に帰ってもない。

指でしっかり締めてもやっぱりホースに付いて来ちゃう。

やむを得んので、古い方のチューブにパッチを当てて直そうと思ったのですが、ここまでで、だいぶタイムロスをしており、この後の用事の事もあり、焦って作業したので、しっかりパッチが貼られず失敗。
なんか、バルブも不調でだめっぽいので、やっぱり新しい方のチューブで何とかするしかない。

えーいこうなったらぁ、、、とバブルコアを歯で噛んで何とかねじ込む。

そして、恐る恐る空気を入れて、恐る恐るホースを外す。

お、やったぞ、、

バルブキャップを締めて、、、

あれ、曲がってるな、いったん外して、、、、

画像
(再現映像)


えーーーー、勘弁してよぉ、、
今度はバルブキャップに付いて来ちゃったよぉ、、。

もう一度、噛んでねじ込んで、恐る恐る空気を入れて、恐る恐るホースを外して、バルブキャップを緩めに嵌めて何とか再出発。

しかし、明らかに空気圧が足りていない。

という事で、たまたま見つけたクロスバイクも吊るしてある自転車屋に飛び込んで空気入れを借りる。

は?40psi位しか入っていないんですが、、、ファットバイクですか、、、
という事で、いつもの120psi位まで入れて、再々出発。

予定より1時間ほど遅れたものの、何とか用事は済ませて無事帰ってきました。

しかし、都内を走るのはやっぱりつらいですね。
長距離なので、国道などの大きな道を通るので交通量が多くて気を使いますし、信号も多いですからストップアンドゴーも多い。
その辺で見積もり時間よりもかかってしまったことも有るのですが、帰りは途中で足がつりそうになるし。

目的地でカップのアイスクリームを食べて補給もしたし、水も2Lのペットボトルを買って十分飲んでいたのですがね。

このところ、ほとんど走っていなくて体がなまっていたことも有るのでしょうが、翌朝も疲れが抜けないし、、(^^;



さて、バルブコアですが、バルブキャップについてきてしまっては、今後も日々困るので、適当な工具が無かったので、モンキスパナでしっかり締めこみ。
(なんか、ペンチとかでも良かったらしいのですが、なめそうで怖かったので一応モンキで)

たぬき小屋でその話をしたら、こんなものが有るらしい。





これは、普段はバルブキャップとして、バルブに付けておき、バルブコアの付け外しの必要がある場合は、ひっくり返すと工具なるという優れものだそうです。
バルブキャップ兼用ですから、小さくてなくすという事も無いですしね。

たぬき小屋さんのブログにも紹介されていました。

仏式バルブのバルブコア回し

そんなわけで、バルブコアの件は一件落着ですが、走っていて気になったのが、クリートの付け外しがクニャッとした感触で気持ち悪い。

たしか、クリートが一つくらい有った筈と探すと有ったので交換。

画像




画像




パッと見は大きくは減っていないのですが、それでも、底面が新しいのは平らなのに対して、古いのは前の方に行くにつれて薄くなっているのは明らかですね。

そのほか、ペダルと接するのであろうところが触ってみるとつるつるとして丸くなっています。

っていうか、そもそも、クリートって黒だったのですね。(^^;

型番も確認しましたが、同じなので、すり減って銀色になったのでしょうね。

交換して、試しに付け外ししてみると、かっちりとした感触になって気持ちよくなりました。



あと、タイヤも異常がないか確認してみると、、

画像


気になる傷が。

あ、これ、前、小さくて薄い石を踏んでチューブにまで達する穴が開いたんだっけ、、

忘れていたけど、貫通した穴だし、触ってみるとここだけぷっくりしている。

これはまずいよな。
タイヤがバーストする恐れもあるよなぁ。

調べてみると、このタイヤもう2年履いてるし。

去年や今年に入ってからはほとんど走っていないですが、2000km位は走っている。

前後とも替えるか。

さて、何にしようかなぁ。

最近、雑誌などでレビュー記事を見て気になったのは、





ビットリアコルサ。
以前はチューブラーのコルサに対して、クリンチャーはオープンコルサと言う名前で、値段も1本1万円前後していたと思うのですが、チューブラーのコルサは絶版となり、オープンコルサがコルサと名前を変えたようです。
しなやかな乗り心地が売りで、現在は6000円程度。

もう一つは


ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) EXTENZA R1X ロードタイヤ 700x25C F301131BL(R1X-7025)
ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) EXTENZA R1X ロードタイヤ 700x25C F301131BL(R1X-7025) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブリジストンR1X。
比較的軽いタイヤ。
これも6000円程度。

えー、今履いている、パナレーサー クローザープラスとどれくらい値段が違うんだっけ、、、


パナレーサー タイヤ クローザープラス [W/O 700x25] ブラック F725-CLSP-B
Panaracer(パナレーサー)
2012-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パナレーサー タイヤ クローザープラス [W/O 700x25] ブラック F725-CLSP-B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



は、2500円程度、、、ああ、そうですか、、、

この先、どれだけの数のタイヤを履くことになるのか、同じタイヤだけでなく、たまにはいいタイヤも履いて、実感してみたいよなぁ、、と思いつつも、、、

2000km程度で賞味期限切れにしてしまうのももったいない、、、ええい、またクローザープラスでいいやぁ、、

とポチ

家族のママチャリ用の部品も色々買ったので、久しぶりに沢山買い物をしてしまいました。

今週末は自転車屋さんごっこだな。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都内サイクリング。チューブやらタイヤやらクリートやら。 shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる