shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画感想(シン・ゴジラ)

<<   作成日時 : 2016/08/20 01:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大ヒット上映中のシン・ゴジラ
何度も見てしまうほどはまる人も多いようですね。

私に言わせると、庵野作品ならこんなもんでしょ。
って感じ。

もちろん、面白いですよ。ハラハラしますよ。どうなるんだ、どうするんだって思います。

でも、エヴァンゲリオンに熱狂した人間としては、「まぁ、こうなるよね。」って感じ。

必要以上に情報を詰め込んだ映像と音声。
専門用語だらけのセリフに被せて字幕で状況説明。
TVのアナウンスのような音声を幾重にも重ねた状況描写。
そして、ミリタリーオタクが歓喜するほどリアリティにこだわった自衛隊、米軍の装備の描写。

この辺はまさに庵野監督らしい作り。

まぁ、それでいて怪獣映画らしい盛り上げ方もしっかり取り入れているところはさすがと言うべきか。

しかし、この映画の見所は若者たちの活躍かと思う。

若者と言っても政治の世界での話なので3,40代の者達。

敵はゴジラだけではない。
周辺諸国の動き、国連や米国の思惑が入り乱れる。

そんな中、若者たちが事態を他人任せにせず、真に国民のため国のためを思い精力的に事態の解決に向けてまい進する。
こここそ、この映画で注目すべき点だろう。


**以下、若干ネタバレ**







そして、もう一つ気になるのが映画冒頭で行方不明となる或る研究者の思惑と行方。
「私は好きにした。君らも好きにしろ。」というメッセージがパトレイバー2の柘植行人の想いを思い起こさせる。
そのメッセージの意味も、その行方も結局謎のまま終わらせた本作品。
続編も考えているという事か。





ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ
グラウンドワークス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画感想(シン・ゴジラ) shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる