shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車の通行について(そもそも自転車とは)

<<   作成日時 : 2015/07/06 06:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

シリーズで、自転車の通行について書いていますが、そもそも「自転車」の定義とはどういうものでしょう。
道路交通法施行規則第九条の二によると、幅60cm長さ190cm以下のものを「普通自転車」と定義されています。
これからはみ出ていると、標識の「自転車は除く」や、歩道の「自転車通行可」の対象から外れます。

普通に売られている普通の自転車は大抵この範囲内なので、普通自転車として振る舞って問題ないのですが、雨傘をハンドルに固定する器具とか売られていますよね。


unite(ユナイト) さすべえ PART-3 ブラック
unite(ユナイト)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by unite(ユナイト) さすべえ PART-3 ブラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



その、装着、傘の装着自体は問題ないのですが、傘を固定すると自転車の一部と見なされ、傘が直径60cmを越える場合、(多くの大人用傘は越えると思います。)普通自転車として振る舞えなくなります。
よって、傘を固定して歩道、路側帯を走るということは違法になってしまいます。
(2015年7月17日訂正。軽車両も路側帯を走れます。(道路交通法第一七条の二))
標識の「自転車を除く」も対象外になりますから、一方通行なども守る必要が出てきます。

走行空間が限られるというだけでなく、ハンドルが風にあおられたり、露先が歩行者に当たったりとリスクが多いので使わない方が良いと私は思います。
そもそも、「歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がないこと。」というのも道路交通法施行規則の条文にあるので、傘の装着は微妙ですね。

じゃぁ、手にもって差せば良いのかというと、これはほぼすべての都道府県の条例で禁止されているはずです。
常に片手運転になったり、風にあおられたりと危険も多いので、やめてください。
雨の日は歩くか、レインウェアを着て乗ってください。

あと、長さの方ですが、最近、物流会社が自転車に小さなリヤカーをつけて利用していたりしますよね。
あれも、長さが普通自転車を越えてしまうし、そもそも牽引車が付いているものは普通自転車にあたらないので、歩道を走るなどはできなくなりますのでご注意ください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自転車の通行について(そもそも自転車とは) shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる