shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS コンパクトクランクとは

<<   作成日時 : 2015/07/24 15:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Tさんからコンパクトクランクとは何ぞやと言う質問を頂きました。

電話での質問だったのと、突然の質問で、私も知識不足が有って十分なお答えができなかったと思うので、こちらで再度回答します。

以前(10数年前)までは、ロードレーサーのチェーンリング(前の歯車)の歯の数はアウターが53前後、インナーが40前後が標準的でした。
これに合わせて、クランクとチェーンリングをつなぐボルトが描く円の直径(PCD)は130mmでした。

(PCDについてはこちらを見るとイメージしやすいです。
 http://www.cb-asahi.co.jp/html/size-pcd.html

しかし、PCDが130mmではインナーの歯数が39より少なくは出来ず、アマチュアがきつい坂を登る際などには非常につらいと言う事、プロの世界でも、重いギアを強く踏み込む踏み方(トルク型)から軽いギアを回転数を上げて踏む踏み方(回転型)へとトレンドが移行するにつれ、より小さなチェーンリングを使いたいという需要が出てきました。

これに合わせて、PCDを110mmに縮小し、アウターで50T前後、インナーで34T前後と言うチェーンリングが出てきました。

この、PCDが110mmのクランクをコンパクトクランクと言います。

Tさんがお使いの105でいうと、現行型の一つ前の型(5700型)まではPCDが130mmと110mmのクランクが用意されていたようです。

しかし、プロもコンパクトクランクを使うことが普通になって来た所為か、現行の5800型ではPCD110mmの物しかないようです。

しかし、チェーンリングとしては、53-39Tまで用意されており、俺はコンパクトクランクのアウタートップ踏み切るぜと言う方はこちらを取り付ければ、最高速を上げることができます。

なので、Tさんに電話でいった、5800にもノーマルクランクとコンパクトクランクが有るというのは正確には間違いになります。



とまぁ、説明は以上なんですが、、、、却って混乱させましたかね、、、


SHIMANO(シマノ) FC-5800 ブラック 39X53T 170mm FC-5800
SHIMANO(シマノ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SHIMANO(シマノ) FC-5800 ブラック 39X53T 170mm FC-5800 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コンパクトクランクとは shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる