shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車メンテ

<<   作成日時 : 2012/10/07 22:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日カールトンRに乗って変速が調子よくなかったので、リアディレイラーの調整。

ワイヤーのテンションの調整だけで行けそう。
そういえば、15年くらい前に読んだメンテ本には、ハイ側の位置とロー側の位置を調整した後、3速だったか4速だったかに入れてワイヤーテンションの調整をせよって書いてあったけど、当時は3速に入れての意味が分からなかった。

今回わかった。
ハイとローの真ん中でワイヤーテンションの調整をしろってことなのね。
その本が出たころは、6速とか7速が普通だったから。

今だったら5速か6速あたりで調整すれば良いのね。
カチカチ変速していると、真ん中あたりで一番チェーン鳴りがする。

そこそこ満足できるところまで調整したら、ついでにチェーンに注油。

お、ルブがなくなりそうだ、明日久しぶりに自転車屋に行って買ってくるかな。





今これを使っているのだけど、レビューを見ると50kmで油膜切れするとかさんざんな言われよう。
でも、これって、ドライタイプへの誤解なんじゃないかなとも思う。

ドライタイプなので、当然、時間がたつと乾く。
それで油膜が切れたような気がしてしまうのではないだろうか。
潤滑性は実際のところどうなんだろう。

ただ、残り少なくなったボトルから出てくるルブが、気温が低いせいもあるかもしれないが、妙に粘度が高い。
揮発性の成分が飛んじゃっているのかもしれない。

どうしようかな、次は違うの使ってみるかなぁ。


と、注油すると、なんか、じゃりじゃり音がする、、、

ああ、やっぱりチェーン洗ってから注油すればよかったかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自転車メンテ shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる