shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS shige版 ペダル考

<<   作成日時 : 2012/08/06 22:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近読ませていただいているひろ父さんのブログ、自転車日記〜父さん今日はどこ行くの?〜
最近、ラレーのCRFを買われてロードバイクを楽しんでおられるが、ペダルをステップアップしたくてお悩みの様子

コメント代わりに私なりのペダルに対する考え方を記事にしてみようと思います。


私のスポーツ自転車歴の最初から振り返ると、最初に買ったクロスバイクに付いてきた、何の変哲もないフラットペダルに始まり、ハーフクリップ、トークリップ、SPDとステップアップして、SPD時代が一番長いですね。
やはり、歩けるビンディングシューズというのが使い勝手がよかったのでしょうね。


SHIMANO(シマノ) PD-M324 片面SPDシステム ペダル
SHIMANO(シマノ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SHIMANO(シマノ) PD-M324 片面SPDシステム ペダル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



長いことこのペダルを使っていましたが、ビンディングに慣れちゃうとフラットペダル面は使わないんですよね。
ましてやSPD-SLに比べれば歩きやすいSPDシューズ、どこに行くにもSPDシューズで行っていました。

3台目のスポーツ自転車にあたる、ラレーCRRを購入した時も、最初に付けたペダルはSPDでした。


シマノ PD-A600 SPDペダル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シマノ PD-A600 SPDペダル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これも片面SPDですが、裏面は踏めるようにはなっていません。
単にロードに似合うデザインが気に入って選びましたが、実用上で言ったらMTB用の両面SPDペダルの方が良いと思います。

その後、やまめの学校で師事を仰ぎ、足はがに股に、引き足は不要、ビンディングも不要と言われ、フラットペダルに戻すも、やはりビンディングに慣れているので足の位置がペダルの上でピタッと決まらないのが気持ち悪い。

という事でトークリップを再び使ってみる。
しかし、トークリップを上にして足を滑り込ませるのはビンディングペダルをはめるのよりも難しい。
BB高の低いロードバイクだと、トークリップが下になった状態でペダルを回していると、地面にストラップが引っかかりそうで怖い。
また、トークリップは靴を選ぶ。
紐靴はトークリップに引っかかるし、底がなるべく平らな靴が良い。
かつ、ペダリング効率を重視すると底が硬い靴が望ましい。

トークリップが当たり前だったころはそのような靴もあったのだろうが、今はまず見かけない。
ロード用シューズにクリートをつけないで履けば理想に近いかもしれない。

でも、ならば、素直にSPD-SLだろうという事で結局SPD-SLにたどり着いたのです。


シマノ アルテグラ PD-6700 SPD-SLペダル
シマノ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シマノ アルテグラ PD-6700 SPD-SLペダル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ノースウェーブ ファイター ホワイト/ライトブルー 44.5
ノースウェーブ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノースウェーブ ファイター ホワイト/ライトブルー 44.5 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




結果、今一番気に入っているのはSPD-SLです。
歩きにくさも気にはしていたのですが、いざ履いてみるとそれほどでもない。
ショッピングモールに買い物に行くぐらいだったらSPD-SLで行っちゃいます。
沢山歩くときはSPDに戻そうと思っていましたが、結局SPD-SLにしてからは一度もペダルを変えていません。


そんなわけで、怖がらずにSPD-SLの世界にいらっしゃいと言いたいところですが、どうしても抵抗が有れば、やはりSPDでしょう。
トークリップは今どき見た目の問題で選ぶしか意味がないと思います。

値段的に安く抑えたければ





これなんかいかがでしょうか。
両面SPDです。

シューズはシマノ以外からも多数出ているので、自転車屋さんで相談されてみるのが良いでしょう。
シューズは履いてみないと合わないかもしれませんからね。

安いシューズは紐で締めるタイプのものが多いですが、おすすめはベロクロタイプです。
特に、引き足を使おうという方には靴が足にぴったりしていることが大事ですが、(そうでないと、引き足使うと靴が脱げてしまうかもしれません。)ベロクロタイプなら簡単にフィットさせることができるのでお勧めです。

ロード用の3つ穴も開いている兼用シューズなら、SPD-SLのようなロード用ビンディングを試してみたくなった時にペダルだけ替えればよくなります。

ただし、クリートがむき出しになってしまうので、



【FAH】サイクル用品 SHIMANO シマノ クリートアダプター (左右セット)SM-SH40
e-bike用品
商品名SHIMANO クリートアダプター品番SM-SH40平均重量-仕様対応モデルR087、R086


楽天市場 by 【FAH】サイクル用品 SHIMANO シマノ クリートアダプター (左右セット)SM-SH40 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



こういうものをつけると良いでしょう。



あと、シマノ以外にもビンディングペダルは出ています。
私の師匠お勧めは





これです。(正確にいうと、堂城先生が使っていたのは同じくクランクブラザーズのキャンディでしたが)
一見ペダルには見えないかもしれませんが、SPDに似たクリートを4面でキャッチしてくれます。
なので、使ったことは無いですが、たぶん、何も考えずにペダルに足を乗せれば嵌ると言ってもいいくらいの使い心地と思います。

また、ビンディングをはめた後の足の自由度が高いのが特徴で、やまめの学校で教えているがに股ペダリングも支障なくできるそうです。

いかがでしょうか、ひろ父さん、ご参考になりましたでしょうか。

そうそう、やっぱり、トークリップという結論になりましたら、三ヶ島(MKS)のペダルがお勧めです。
軸の回転の軽さは感動的です。
他社だったら、相当値段の高いペダルでなければ実現できない軽さが、リーズナブルな価格で実現されています。
もし、店頭で見かけることが有れば、是非軸を回し比べてみてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
shige版 ペダル考 shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる