shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想(ハンドメイド自転車工房 フレームビルダーの流儀)

<<   作成日時 : 2012/07/27 23:12   >>

トラックバック 0 / コメント 2

私が信奉するやまめの学校式の乗り方だと、通常のスケルトンよりもトップチューブが長いことが望ましい。
既製品でも大きめのフレームを選べばいいといえばいいのだが、シートチューブも長くなってしまうので、不都合が生じることも考えられる。

とすると、次の一台はオーダー車か、、、という事になる。

なので、気になったこの本。


ハンドメイド自転車工房 (ヤエスメディアムック369)
八重洲出版
2012-07-13
大前 仁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハンドメイド自転車工房 (ヤエスメディアムック369) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



出版社と著者を見れば、勘のいい人はわかると思うが、サイクルスポーツ誌で連載されていた、「大前仁の工房巡礼」をまとめたものだ。
ただし、作品の写真が追加されていたり、コラム記事が追加されている。
記事内容も、最新の情報に差し替えている部分もあるらしい。
何より、買わなかった号の記事も含めて、まとめて読めるのが良い。

改めて、じっくり読んでみると、各ビルダーごとの色のようなものが垣間見られておもしろい。
幸い、自転車で気軽に行けそうな距離に数軒のビルダーさんが有るようなので、しっかり読み比べて、方向性の合いそうなビルダーさんを探したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヨーロッパのモデルにくらべるとアメリカのフレームは
トップチューブが長いなんてことを昔ききましたが
実際はどうなんでしょうね。
完璧を求めるとやはりオーダーになってしまいそうですね。
hello2525
2012/07/28 01:05
2525さん、こんばんわ。
ほう、そういうもんですかねぇ。
アメリカのメーカーというとTREKしか思いつきませんが、、
確かに、TREKは乗りやすいイメージがあります。
今度、調べてみるかな。
shige
2012/07/28 03:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書感想(ハンドメイド自転車工房 フレームビルダーの流儀) shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる