shigeの言いたい放題

アクセスカウンタ

zoom RSS やまめの学校に行ってきました。(っていうか、ほとんど自分のメモ)

<<   作成日時 : 2011/05/04 02:28   >>

トラックバック 0 / コメント 4

長野県安曇野市まで、自転車の乗り方を習いに行ってきました。

やまめの学校の特徴についてはこちらをごらんください。

http://t-shige.at.webry.info/201003/article_1.html

やまめの学校のWebページはこちら。

http://www.yamamekobo.com/

東京方面から行くと、初電で行っても開始時間に間に合わないので、車に自転車を積み込んで行ってきました。
そういえば、初めての自動車輪行かな。

こんな感じに積みました。

画像


フレームを一番下において、その上に傷防止にレジャーシートを敷いて、ホイールを乗せています。
フレームはぎりぎり入りました。

画像


私の車(トルネオ ≒ アコード)はセダンタイプにしてもトランクが大きい方だと思うので、ほかの車種だと厳しいかも。

さて、未明に起きだして、出発。
連休中とはいえ、さすがにこんな時間から出かけている人は少なく、渋滞らしい渋滞に捕まることなく、4時間ほどで到着。

画像


パッと見普通の住宅です。
手前が駐車場になっています。

1時間も早くついてしまったので、ちょっと散歩をしてみたりして時間をつぶす。

画像


画像


空気が山の空気ですね。
思わず、良いところだぁとつぶやく。

堂城先生は車にも造詣が深そうです。

画像


さて、三々五々今日の生徒が集まってきたので、自転車を組み立てて、教室に入る。

(以下は、私用のメモです。やまめの学校の受講経験のある方には復習になると思いますが、そうでない方には何のことやら、何言ってんだこいつ?ということばかりと思いますので、あしからず。)

最初一時間ほど座学。

青山出張編より短い時間ですが、より内容が詰まっていて、かつ分かりやすく、改めて堂城先生のプレゼン力に驚く。

ロードのハンドルは、遠く、広い方が楽。
脇は締めない。
ブラケットは外側から包み込むように。

ここで、私の足首の柔軟性が低いことが判明。

さて、実走しましょうということで、外に出る。

ちょっとした坂道を登りながら、フォームを見てもらう。
ブラケットの先の方を持って。
とか、
もうちょっと前に座って。
とか、アドバイスを頂いて、みんな一様に脚の回りがよくなっていく。

今度は下り。
下りも登りと姿勢は一緒。
下ハンドルを持った方が良い。

一旦工房へ戻る。

生徒の自転車3台が選ばれ、教室内へ持ち込まれる。
そこで、フィッティングをしてもらう。
サドルの位置、傾きなどを直してもらい、やまめ式の乗り方に合わせてもらうと、脚が回りだす。

私の自転車も選ばれたが、自転車自体はほとんどいじられず、足首が硬いために、上死点でブレーキになってしまっている事を指摘される。
これではクランクを伸ばしても効果はない。
ハンドルが近いので、ステムを伸ばす必要がある。
ハンドルとサドルの落差も大きいので、上へ前へ伸ばした方が良いとの事。
それから、膝を開くことを意識する。

ここで昼食。
近くの食事処に行く。
ここでも話題は座学の続き。

さて、午後の部。

公園の駐車場で8の字の練習。
私は無意識に曲がるほうに体が倒れているとの事。
むしろ、アウト側に体を倒すくらいのイメージで曲がると曲がりやすい。
あと、頭は低く。

パイロンの間を前輪だけ通す、後輪だけ通すが宿題。

今度は芝生の上を走行。
地面の凹凸に体が揺さぶられないのは自転車の真ん中に乗った時。
手の力を抜く。

芝生の上で8の字が宿題。

停止して足をつく練習。
着かない方の足は2時くらい。

これも宿題。

次は坂に戻ってダンシングの練習。

ここでも私は、足首の硬さがたたって、膝上の筋肉ばかり疲れる。
シッティングもダンシングも上体の姿勢は一緒。
頭の高さもほぼ一緒。
前を見る。
身体はまっすぐ進み、自転車を振る。

この辺を意識すると、少しダンシングが楽になってきた。

工房に戻ってまとめ。

最後に一人ずつアドバイス。
私はステムを上へ前へ。

ここで一応お開き。
今回の受講生の中に実業団の選手がおり、その人の自転車のフィッティングを行う。
その人の自転車にはパワータップがついており、出力が数字で見える。
いろいろといじっていくうちにパワーが上がっていく。
最終的に満足のいくセッティングが出て選手も大喜び。
今後の活躍に期待。

そんなこんなで話し込み、最終的な解散が5時過ぎ。

疲れてるは、時間が遅くなったはで、寄り道する元気もなく、まっすぐ帰宅。
帰りは若干渋滞に巻き込まれたものの、30分ほどの仮眠も含めて5時間程度で帰宅。


さあ、明日から宿題やんなきゃ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは・・・驚きました!
このようなスクールをやっているところが穂高に
あったとは・・・。
2日前に近所から帰ってきたばかりです(^^;
次に行くのは夏休み。
お店のカレンダーはまだ表示されていませんが、
ぜひ受講してみたいと思いました!
一度、客観的にアドバイスをして欲しかったんです。
shigeさん、ありがとう!
k-zou
2011/05/04 14:58
k-zouさん、こんにちは。
ああ、安曇野の方のご出身でしたか。

やまめの学校は、たぶん他では教えていないようなスタイルの乗り方を教えてもらえます。
はっきり言って、世の中の本や雑誌に書いてあることの反対を教えられます。
でも、座学の段階で、それが正しいことを納得させられてしまうでしょう。
ツールドフランスなどに出ているプロ選手も同じような乗り方になりつつあります。
実際、今回も実業団のプロの現役選手が習いに来ていました。
今まで勉強してきた本や雑誌を全部捨てる覚悟で行ってみてください。
shige
2011/05/04 16:51
毎回いろんな方が見えてるんですね〜
また遊びに行きたくなりました^^
ayako
2011/05/05 12:05
実業団の選手の方がいらっしゃるのは勉強になりました。
選手でもうまくできないことがあるんだなぁとか。

私も、宿題がある程度できるようになったらまたみてもらいたいです。

まだ、イロハのイですしね。
shige
2011/05/05 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
やまめの学校に行ってきました。(っていうか、ほとんど自分のメモ) shigeの言いたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる